ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

自分を好きになる必要はない

10日間ほど完全に連絡が遮断された状態で京都で山籠もりをしていた。その後神様が7日間滞在中という出雲大社へ。「神在祭」最終日。「縁結大祭」に参列。祝詞に呼応するように大雨と雷。寒い。

 

帰宅の高速バスの中でこんなマニアックなブログを探し当ててしかも全部読んだというセンスのいい方から「どうしても自分を好きになれないのですがどうしたらいいですか?」とメッセージをいただいた。

 

「自分を好きになれない自分を好きになってみてはいかがですか」 

「それができないんです」 

どうしよう。さっきのがファイナルアンサーなんだけど・・・。では別の方向で。 

「自分を愛したり好きになったりする必要はないですよ」 

「え?」

f:id:kazumi1000:20171113010510j:plain

「自分を愛する」「自分を満たす」が、あふれすぎていて、もはや自分を愛さ「ねば」ならない、とか自分を満たせない私なんて・・と自分を責めて苦しくなっている人がいる。

 

「本音で生きねばならない」とか「自分を生きねばならない」とか。「好きな事をしなければならない」とか。

 

それはそうなんだけどそれに「ねばならない」が付き出したらこれは一番やっかい。沼です。対処法はいろいろありますがまずは気づいたら一度そっと離れましょう。 

f:id:kazumi1000:20171113001100j:plain

 

自分を好きも嫌いもない

そもそも自分を好きとか嫌いとか、何だろう?

 

自分を好きとか嫌いとかそんな評価を私たちは自分自身に対して下したところでまったく意味がない。何故なら「ただ、自分なだけ」だから。

 

 

比較に伴う感情はムダすぎる

ライオンがどうして俺はカバじゃないんだ!って悩み苦しんでも、いやいや、君、ライオンやし、としか言いようがない。 

f:id:kazumi1000:20171113010124j:plain

ライオンの良さをどれだけ伝えても本人がライオンを否定したら行き場がない。 

否定してもライオン。肯定してもライオン。自分を好きでもライオン。自分を嫌いでもライオン。どうせライオン。だって、君、ライオンやん?今世はどうやらライオンだから、諦めて。いいからライオン極めなよ。ライオンを楽しもうよ。でも、あのライオンの方が、って、それはほとんど誤差の範囲です。

 

そこはお互い潔く諦めましょう。明るい諦め。しゃーないやん。だって私なんだもん。これで行くしかないのだ。自分を好きとか嫌いとかどうでもよくなってきた?まだですか。では、続けます。

 

 

こんな感じでこんな顔でこんな色で

ヨーロッパを旅していると毎日とんでもない美人やとんでもないスタイル抜群の人を目にする。あんなものを毎日毎日見せられたら多少何か塗りたくったところで何したってどうしようもない。

 

骨が違うよ、骨が。

 

さて、ここでやさぐれずにどう道を見つけましょうか。現状を冷静にただただ見る。

 

ヨーロッパ系やアフリカ系。みんな違う。そして私はアジア人。日本人。そして「私である」ということ。 

f:id:kazumi1000:20171113011212j:plain

根拠なく「斎藤さんだぞ」と自信ありげに言い切る斎藤さんが頭をよぎった。なんて最高なんだ! 

 

「俺なんて斎藤さんだし」よりも「斎藤さんだぞ」。「和美さんだぞ」。根拠なんか要らない。ただただドヤ顔で言い切る。だから何だと言われても知ったこっちゃないのだ。「私は私だ」と言い切る瞬間にモードが変わる。「〇〇さんだぞ」。それだけだ。こんな力強い存在の全肯定はない。

 

 

変えられるものと変えられないもの

世の中には変えられるものと変えられないものがある。待ってるバスが事情があって遅れる、これは変えられない事。

 

ひたすら何で来ないんだと変えられないものに対してイライラして待つか、好きな本でも読んで優雅に待つか、これは変えられること。選べること。

 

変えられないものは置いといて変えられることに注力すれば同じ出来事でも全く違う過程や結果になる。その積み重ねが最終的にはその人の人生になる。

 

 

他者とは自分のためだけに存在してくれている現象である

世界中に自分1人だけだったら。自分が何者で何なのかさえ分からない。他者が居てくれるからこそ自分の輪郭が分かる。結局は他者を見ながら自分を観ているのだ。すべての主体は自分である。そして同時に自分も誰かのためだけに存在している。そして、って、ね、わけわからんでしょ。わかんないんだよ。自分と他人との境目なんて。

 

 

ただ1つだけ言えることは、

 

あなたはあなたに生まれてきて本当に良かったね。自分を好きでも嫌いでもあなたはあなたで良かったね。

私も私で本当に良かったよ。

そして、出会えて嬉しいよ。

さっさと自分自身であることに降伏して認めて楽になって自分を遊びましょう(๑>◡<๑) ここから先は楽しいよ。 

愛を込めて。 

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

 

【よく読まれています】 

 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

 

「使命探し」をやめた話。

f:id:kazumi1000:20170906205755j:plain

そういえば自分の「使命」を探していた時期があった。

 

一人に一つ「魂職(こんしょく)」があると聞いた時には何が自分の魂職なのか、何がしたくてこの世に来たのか、使命が何なのかとても知りたかった。

 

なんで知りたいの?

「これだ!」ってものが分ったら迷わないし楽だから。そこに真の自分、真の充足があるような気がしていた。迷ってる時が、決められない時が一番しんどい。

 

 

目的地を決めない旅

特に何があるって訳じゃないのに旅をする。基本的に安宿でゴロゴロしている。目的も何か得るものもましてや「意味」なんて考えない。サイコロ転がして行く先を決める。

 

旅はそんな感じなのになぜ「人生」では「目的」や「意味」を求めてしまうのだろう。そう考えると「使命」を「決める」ことさえ窮屈なような可能性を狭めるような気さえしてくる。 

 

 

グレーにどれだけ耐えれるか

白か黒か決めてしまえたらとても楽。

あいまいなまま

分からないまま

どれだけ持ち続けていられるか。

受容できるか。

f:id:kazumi1000:20170906201559j:plain

この東洋的な感覚は実はとても大人なんじゃないかと思う。

分らないまま「分からない」を持ち続けたまま進む。

 

 

「結果」よりも「目的」よりも

今となっては思い出せないがどこかの時点で私は「結果」よりも「過程」を楽しもうと思ったのだと思う。「目的」のための「手段」としての「何か」は放棄して「気が付いたらここにたどり着いてました」でいい、と決めた。何者かにならなくてもいい、と決めた。

 

サイコロ振って人生を決める、で、いい。

行き当たりばったりでかまわない。

結果は問わない。

過程を楽しめばいい。

コントロールできるともしようとも思わない。

夢も目標も使命もやりたいこともなくてもいい。

 

もちろん「目的地」を決めて進んでもいいし「意味」を大事にする生き方も素晴らしい。成し遂げたい確固たるものがある人は迷いがなくて素敵です。

 

結局は他者の生き方や意見もただのサンプルにすぎない。あくまで「ご参考ください」程度のもの。最後は自分で選んで自分だけの道を歩くのだ。

 

「縁起」で流れてみる

最近は自分で選ぶことを放棄して流れてきたものをただただ受け取っている。気がノラなくてもピンとこなくてもとりあえずやってみる「ご縁」の実験をしている。やってダメだった時はやめるだけ。

 

失敗したって、損したって、誰かにどう思われるかなんてそんなもの、どうだっていいじゃないか(えなり風に) 

f:id:kazumi1000:20170906162457j:plain

 

 

一隅を照らせ

もう何か月もずーーっと『この世界の片隅に』のすずさんの事を考えている。世界の片隅を照らす生き方。

f:id:kazumi1000:20170321163544j:plain

自分が好きでご陽気に簡単にできちゃうことで周りの人がちょっとでもゴキゲンに気が楽になれたらいいな、と思う。

 

大きいことはやらないけれどそっと一隅を照らしていけたらな、と思う。

そういう「普通の大人」でありたい。

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

【よく読まれています】 

kazumi1000.hatenablog.com

 

kazumi1000.hatenablog.com

 

まるで人生のような音楽 まるで音楽のような人生

f:id:kazumi1000:20170615200949j:plain

人との出会いで人生は変わる。

 

自由で健やかでいつも楽しそうで常に機嫌のいい大人。

私が人生で一番影響を受けた人。

長崎にある洋楽に特化したスナックのマスター。

訃報を聞いてからなんだかずっと力が入らない。

 

 

北風と太陽

マスターとは大学2年の時に出会った。写真はその頃のもの。私の母と同じ歳でこんな大人がいるのかと度肝をぬかれた。とにかく自由。とにかく無邪気。何でもかんでも「良かねー、良かねー」と肯定してくれて自己受容も自己肯定もできなかった当時の私はどれだけ救われたことか。マスターには本当に感謝しているし尊敬している。

 

マスターも大好きだったけどマスターといるときの自分も大好きだった。きっと他の人も同じだったんじゃないかな。一般的にはクセのありすぎる人もマスターの前ではそれも面白い個性として認められていた。その人のよい部分にスポットを当てる。するとなんだかその人もいい人になっていく。

 

そんなすごいマスターだけど日本にずっと住んでてそんなことあり得るのかと思うけどなんと山口百恵も知らないし美空ひばりも知らなかった。スターダストレビューのボーカルの人がお店に来てカラオケ歌った時も知らなくて「あんた歌うまかねー」とか言っちゃったらしいし。ただ洋楽に関してはとにかく半端ない。ラジオのDJとしても人気だった。

 

 

その人に見えている世界

マスターにはこの世界はどんな風に見えていたのだろう?とずっと考えている。「面白おかしくパーッといかんばさ」が口癖だったマスターの視点で世界を見てみる。するといろんなものが楽しくキラキラして見えてくる。「きっとこんな感じに見えてたんだろうな」と想像するだけで心が軽くなる。ワクワクしてくる。 

 

その人の視点を共有することで一度のはずの人生が何倍にも何十倍にも豊かになる。人と関わりあう、とはこういうことだ。多視点とはこういうことだ。 

 

その人がこの世にいなくなったとしてもそれは変わらない。例えば本や映画や音楽、絵画を通してその作者と知り合う。分かり合う。時代も国籍も簡単に超える。「本物」に出会うということ。

 

自分を生き切った人の視点。面白おかしく生き切った人の人生。その在り方。それはとてつもなく大きな贈り物である。 

 

 

more than feeling

初めてマスターにボストンの more than feeling という曲を教えてもらった時は衝撃だった。音楽はいろんな気持ちにさせてくれるものだけれどまさか宇宙にまで連れて行ってくれるとは知らなかった。 

 

マスターにはたくさんの人や音楽やいろんなものを教えてもらった。なんでもっと長崎に行かなかったのだろう。悔やむことに意味はないと分かっていても思わずにはいられない。何故だかマスターはずっとそこに居てくれるものだと油断していた。いつだって「この次」なんて「いつか」なんてないのに。

 

 

まるで人生のような音楽 まるで音楽のような人生

毛皮のマリーズの「ビューティフル」という曲が頭の中から離れない。

 

まるで人生のような音楽 まるで音楽のような人生 

 

そもそも造船設計の仕事をしていてスナックはただのオーナーで自分が店に入るつもりもなかったのに当時雇っていたマスターに持ち逃げされて仕方なく自分がお店に入ってじわじわと自分の「好き」を増やしていってそのうち自分の「好き」な洋楽を目当てに店に来る人も増えだして伝説のスナック「ぴえろ」になっていく。

 

マスターは音楽に呼ばれていたんだと思う。

 

自分の好きな曲を嬉しそうに教えてくれて、だけど決して押し付けることなく、お客さんの「好き」も尊重する。

 

ただ「好き」なものがある人たちが集まって「僕はこれが好き」「わたしはこれが好き」で明け方まで飲んで歌って音楽を聴いて ”I just call to say I Love you" なんて歌う人がいたら店中のお客さんで大合唱になっちゃったりほんと最高だった。大好き。「ぴえろ」は私の青春でした。

 

あの店がなければ出会わなかった人たち。

あの店があったから出会った人たち。

20年前大学生だった私の本当の大学は「ぴえろ」でした。

本当にありがとうございました。

 

ビューティフルに ビューティフルに生きて、死ぬための僕らの 人生 人生!

 

ビューティフルに。

余計なノイズはどうでもいい。

精神的に隠居モードに入っていた自分に「ちゃんと生きろ」とマスターの死で一発ぶん殴られたような気がする。

 

 

プラウドメアリー

どうせならあの世でまた会ったら「和美ちゃん、面白かことしとったね」と言われたい。というかあの世でも先に逝った人たちと「面白可笑しくパーッと」いっちゃってる気がしてきた。

 

三途の河を渡る時もプラウドメアリーなんか口ずさみながら 「Rollin', rollin', rollin' on the riverさ、あはは」とかCCRキメちゃってる気がする。

 

人は死んで肉体は灰になってもその精神と記憶という贈り物は残る。いよいよもらったものをマスターに直接返せなくなった。受け取った者にはそれを次の人にまわしていく義務が生じる。独り占めして腐らせるわけにはいかない。ちなみにマスターの経営やお金へのスタンスも「循環」だった。

 

過去記事:ありがとうって要らんな、って話をモンゴルのゲルの中でしてまして・・・・ - ごろ寝発電

 

死ぬ前に人生の走馬燈を見るという。マスターの走馬燈はすごく豊かで豪華だったろうな。人生の最後の走馬燈に私は何を見たいのか。

 

生きるとは重くもなく軽くもなく結局はそれだけの、ただそれだけのことのように思う。そしてそれはきっと死も同じである。

 

私にとってマスターは問いではなく答えだ。そういう人生で1人会えるか会えないかのすごい人でした。

 

youtu.be

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

 

【よく読まれています】 

「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電

実は東南アジアが苦手です。突き抜ける瞬間。 - ごろ寝発電

夫婦を超えてゆけ - ごろ寝発電

今まで行ったところで一番よかった場所

頻繁に旅をしているからか「行ってみて一番良かった国やよかった場所」を聞かれることが多い。おすすめは?とか。

 

いつもとっさに答えられない。思い出せないのだ。すぐ忘れるのでどうしても直近の出来事が一番印象的な出来事になる。あまりに毎回答えに窮するので何か鉄板ネタでも用意しておこかと思うが用意したそれは腐るような気がしてそれもできない。

 

今を生きているから?

あなたは「いま」を生きているからそうなるのよ、と言われる。うーん。もっとその先があるような。やっと今朝謎が解けた。

f:id:kazumi1000:20170517182256j:plain

エジプトの空、三輪山の空

胸が震える瞬間がある。ほんとうに一瞬の、言葉になる以前の感覚。

早朝の大神神社の参拝を終えて空を見た瞬間にエジプトの空を思い出した。

広大な大地と巨大な遺跡。独特の空。完全に心をつかまれたあの瞬間が蘇り三輪の空とつながった。  

f:id:kazumi1000:20170517172703j:plain

7年前にエジプトであることを思った。そんなつもりはなかったけれどあの時私の心の奥の方は決めたのだろう。そんなんじゃ食っていけないけど決めちゃってたのかい。そりゃ仕方ないね。それをこの日受け取った。受け取れる器になるまで7年かかったってことか。

 

答えはいつも行動のあと

いつも行動の「後」に答えが分かる。その時はなんの説明もできないしとびっきり無意味。「なんで行くの?」「目的は?」答えられない。

 

f:id:kazumi1000:20170517161039p:plain

さすがに自分でもなにやってんだろう??と思うことはある。以前は頻繁に思っていた。生産性のない、だけどとっても大事で無意味で衝動的な行動。

 

損得や余計な感情を入れず愚直にヒントをたどって行くと想像をはるかに超えた面白い境地にたどり着く。

 

「なりたい自分」や「こうありたい自分」。そんなもの、もはやどうでもいい。それよりも「ただ、在る」ということが面白くて仕方ない。 

 

 

「いま」と「過去」と「未来」

7年前のエジプトの空と今朝の三輪の空は同じものだった。「いま」と「過去」が同時に存在している。そう確信した。

 

過去の「積み重ね」が「今」なのではない。すべてが「いま」に内包されている。

 

過去の出来事を1週間前のことでさえ思いだせないのは、すべてが「いま」に含まれているからだ。「いま」が「過去」で同時に「未来」でもある。だから「いま」しか必要ない。

 

そしてすべてが「なんのためにいま、ここに、存在しているのか」ということの答えに集約される。  

 

 

ごきげんさんが止まらない

「なんのためにいま、ここに、存在しているのか」

この答えの絶対的な肯定感。楽しい。ご陽気が止まらない。いままで見たもの全部。すべて。感じたこと。体感したこと。借り物ではない誰かの言葉ではない自分の言葉、感覚。すべてが「いま」に「この瞬間」に集約される。ぜんぶある。そしてぜんぶない。

 

湧いてくるものに忠実に。少しでも違和感があれば濁るから「自分らしさ」さえも気軽に捨ててしまおう。「ただ、在る」だけ。その嘘のなさ。風が吹いている。

 

f:id:kazumi1000:20160801015046j:plain

 

どこに行くかは問題ではない。旅をしてもしなくても結局は「密度」と「解像度」の問題だ。日常のどこにでもある、しかも足元にしかないその人にとっての「それ」を高い「解像度」で見いだす。ど真ん中にいることに気づくだろう。幸せであることなど当たり前なのだ。すでに誰もがど真ん中。「幸せ」とか、もう、本当にどうでもいい。

 

高みを目指したくて「風に吹かれるだけの自分、死ね」と思ったこともあったけどやっぱり私は、これでいいのだ。何者にもなる必要は、ない。

 

それでは本題。お答えします。

 

Q:いままでで行って一番良かった場所は?

A:すべてが集約された いま、この瞬間の、ここです。

 

 

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

【よく読まれています】

実は東南アジアが苦手です。突き抜ける瞬間。 - ごろ寝発電

 

おすすめしない旅#01 バンコクの安宿にて - ごろ寝発電

 

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電

「好きを仕事に」は万能ではない。

f:id:kazumi1000:20170328221849j:plain

世の中に「好きを仕事に」が氾濫している。もちろん「好きな仕事」で「楽しく」「ラクに」稼いでいる人もいっぱいいる。素敵。だけどそれ「だけ」が万能なわけではない。他の方法もありますよ、というお話。

 

 

好きを仕事にという呪縛

「好きを仕事に」したくてああでもないこうでもないといじくりまわしていた。「好きを仕事に」活躍している人が輝いて見える。まぶしいっ。危うく好きを仕事に「せねばならない」という意味不明の枠にとらわれるところだった。不自由すぎる。なんだこりゃ。やめた!と思ったら流れてきた。

 

 

まったくピンとこなかった仕事

4月からある仕事を請け負うことになった。オファーをいただいた時、特にやりたいとも思わなかった。だけどこのタイミングで来たのだから何かあるんだろうなと思った。「好きなこと」でもなんでもないけど。

 

それでここ数日は新しく身につけなければいけないスキルなどある意味「やりたくないがやらねばならぬこと」をやっていた。

 

 

まずはだんなに八つ当たり

あーもう、分からん!できない!こんなスキル要らんねん!イライラしてだんなに八つ当たりもかましながらそれでも集中して勉強してみた。そしたら・・・・・。

 

 

私の思い込みなんてそんなもの

楽しい。めっちゃ楽しい。むっちゃ楽しい。苦手だと思っていたものが思いがけず楽しい。あんなに「あれを始めよう」「これを仕事にしよう」とさんざん考えてきたのに。私の頭で思いつくものなんてそんなもんだよなー。いつも現実の流れの方がはるか上を行くよな。可能性を見せてくれる。私の「好き」ってこんな知らない所にもあったのか。知らなかったよ。ありがたやー。

 

 

旅と回転ずし

経験も知識も好き嫌いさえも関係ない何かがやってくる。旅に似ている。自分でも引くほどのノープランで出かけて行った先で何かが勝手に始まって、出逢うべき人に出逢って行くべきところにたどり着く。どうやら私は仕事もこのパターンのようだ。流れてきた回転ずしをクリアな状態で間髪入れずに取る。そしてそれがベストの寿司だと感じる。疑わない。美味しくいただく。

 

もちろん本気で嫌な仕事は最初から受けないしもし判断を間違えたら途中でも頭を下げて断るしかない。自分の軸がズレたり本音を無視して動こうとするとどうせ何らかのストップがかかる。その時は他にベストな人材が見つかるはずだ。

 

それにしても楽しくなるまでやってみる、って案外有効だな。この程度のことを「努力」とは呼ばない。ただ、やってみただけ。

 

冷静に考えたらそんなに楽しいはずないのにめっちゃ楽しい。思い込ませてるとかじゃなくて確実に心の底からふつふつと楽しい。これ、あの時の感覚に似てるなと思った。2015年の投稿。 ※念のため下に一部転記しておきます。

 

旅の始めに体調崩して、宿でうんうん唸りながらげーげー吐いて頭痛に胃痛に苦しみまくって10分後、なぜか爆笑。声をあげて笑ってて、自分でもびっくり。

旅先で熱出して唸り声をあげて苦しみまくってる自分が、なんか、妙におかしくなっちゃって爆笑。
んで、その後もげーげー吐いてるんだけど、やっぱり笑っちゃう。

こういうのって初めて。
あ、わたし、これから先、何だか分からないけど大丈夫だな。って思いました。
なんでも面白がるんだなーって。
もともとシリアスな人だったのにね。
人間なんて簡単に変わる。

でまあ、体調悪いので昼間は川っぺりに新聞敷いて寝転んでました。
と、だんなから今なにしてんの?LINEがきたので、川っぺりで寝転がってる、と返信したら「優雅だね」

金ないから新聞敷いて寝てるのに優雅!?
確かに。
確かに優雅だ!!
私が優雅だと思えば優雅だ!!!
さっきまでの道に寝ているというちょっと恥ずかしかった気持ちが一気に豊かな感じになって優雅に休息しました。
おほほほほ。

結局、起こった出来事に対して、「私が」どう受け取るか、ってことが全てなんだなぁと思った下北半島での出来事でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝手に「楽しくなる」

『いま飲んでるコーヒーが「美味しいから」幸せなんじゃなくて、「幸せな私」が飲んでいるコーヒーだから美味しいのよ』

 

大好きな先輩の言葉だが本当にこれに尽きると思う。

 

結局、何をしても良かったのだ。ある程度時間の自由が効くところならば(これは絶対外せない)きっとなんでもよかったのだ。私が居るところが「楽しいところ」。私がやる仕事が「楽しい仕事」。何もなくても楽しいから。楽しんじゃうに決まってる。何にこだわって何を握りしめてたんだろう。アホらしい。

 

日々精進

今日は脳内を田中邦衛にジャックされている。油断すると「あしーの、のーばせる露天風呂ー」と1人で叫んでいる。『北の国から』を知らない方には意味不明だろうが「子どもが食べてるでしょうがっ」なども叫んでいる。もう、ダメだ。楽しすぎる。何やっても楽しすぎる。1人なのに。

  

 なにがあっても「おもろい」ととるか「シリアス」に受け取るか。「よく」受け取るか「悪く」受け取るか。これは性質とか性格ではない。練習すれば何とでもなるもの。日々精進しております。「あしーの、のーばせる、露天風呂ーーー」

 

***   go with the flow   ***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

※交通費を出していただければお話会など基本的にどこでも行きます。

***********************

【よく読まれています】

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電

夫婦を超えてゆけ - ごろ寝発電

「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電

 

悩みの大半は誰かに対する「想い」の扱い。

いろんな悩みやモヤモヤは結局のところ「誰かに対する想い」の扱いなんだと思う。

 

本日まで絶賛引きこもっておりましたがブログを読んでくれた方からお悩み相談をいただいて何やら復活。ありがたやー。私は誰かのために何かしているんじゃなくて人に活かされてるんだなと実感しました。

  

やりたいことも全部やっちゃったし余は満足じゃこのまま隠居しようかと日々半端ない余生感を漂わせておりましたがシャバに戻る気になれました。ありがとう。メッセージのやり取りは誤解が生じやすいのでお返事はしませんがこんな形でお返事しますのでどなた様も遠慮なくご連絡ください。何らかの形でお会いできたら一番いいんでしょうけどね。「自分のこと」は終わったのでここから先は恩返しだなと感じています。 

f:id:kazumi1000:20170309231750j:plain

「おつきあいしている人がいてなかなか連絡をくれない。相手は忙しい人でしかも妻子持ち。迷惑をかけたくないから自分からは連絡できない。それにあまりこちらから連絡せずに3回に1回返事をするくらいの女の方が大事にされると聞いてそうしてみたらほんとに1か月以上連絡がない。彼は私をどう思っているのでしょう?苦しいです」かなり荒々しくまとめるとこういう感じのご相談。

 

それは苦しいよね。自分はこんなに好きになっちゃったのに相手はそうでもないかもしれない。もっと気にして欲しい、関心を持って欲しい、認めて欲しい。

 

まずは相手にちゃんと聞けばいいと思うよ。怖いよね。返事やその時の態度を想像しただけで怖いよね。だけどどんな答えが返ってきたとしても、それって関係ある??それって誰の問題??

 

自分のことを好きでいてくれるから好き?それともどうしたって好き?醒めちゃったらもう好きじゃない?

  

愛してくれるから愛する、だと苦しくなる。鍵を握ってるのは「彼」なわけだから。彼が評価してくれたら愛してくれたら。軸はどこにある?こうしてあげたらこう返してほしい??相手はこちらが勝手にコントロールできない「他者」。好き勝手に生きてる一個の人間。思うようにいくわけない。彼の感情は彼のもの。

 

ということは向こうの気持ちがどうなろうがこちらの価値は変わらない。好きだと言ってもらえないと価値がない?確かに「君が一番好き」とか「君だけが好き」とか承認欲求を満たされるものだけど、それとこれとは違う。ここは声を大にして言いたい。彼がどうだろうとそんなの関係ねえ!

 

やっぱり基本は「レリゴー」じゃないかな。自由であること生きることはどうしようもなく孤独なもの。それが基本。それは辛すぎる、仲間が、家族が、とか言ったところで究極は人は一人で自分自身を生きて死ぬんだよ。悲しいとか悲観的とかじゃなくて私は「そういうもんだ」と思っています。ただ、「そういうもんだ」と受け入れています。だって、そうだから。そのうえで、だからこそ『分かりあいたい』し、いろんな意味で『つながりたい』と思っています。

 

 

喜びを他の誰かと分かり合う

それだけがこの世の中を熱くする

 

かつて小沢健二がその名も「痛快ウキウキ通り」というふさけたタイトルの曲の中で素敵に歌っているんだけど『喜びを他の誰かと”分かり合う”』なんだよね。喜びを”分かち合う”じゃなくて”分かりあう

 

この絶望に似た確かな希望。私たちは分かち合えない。だってわたしはわたしであなたはあなただから。分かち合えない。喜びも悲しみも。分かち合えません。だけど ”分かり合う”ことはできる。”分かり合う”そのこと”だけ”がこの世の中を熱くする。

 

孤独をそのまま受け入れてる人にしか書けない歌詞だと思う。愛してくれるから好き、もアリだけど、「ただ、わたしが、このひとを好き。それだけ」でいいんじゃないかな。わざわざ私たちが分離して生まれてきたのってそういうことじゃないかと思う。誰かを知るために。そのことで初めて自分の形を知る。その代償として孤独がある。誰かを愛する。そのことが自分を愛することになる。「愛させてくれてありがとう」じゃない?相手の返事なんてどうだってよくない?しかも一度は心が通い合った「瞬間」があったのなら、それだけで人生丸儲けでしょ。奇跡でしょ。一瞬が永遠を超える、ってそういうこと。

 

勇気だしてちゃんと相手に聞いてみたらいいと思うよ。自分はこう扱って欲しいんだと伝えればいいと思うよ。男と女は分からな過ぎるからこそ惹かれ合う。修羅場にでも何でもなったらいいと思うよ。想像だけで傷ついてるうちに年だけとっちゃうよ。このリスク!!YOU直視しちゃいなよ。だめだこりゃ、ってなったら「マジ、サンキューでした」ってウインクして軽やかに去ればいい。春だしね。次だよ、次。なんてったってこの世に男は35億だよ。35億!!ちえみ持っておいでよ。シリアスになりすぎないでいいんだよ。 

f:id:kazumi1000:20170309231820j:plain

そういえば元カレを忘れられないのはその人と過ごしていた時の自分が好きだったんだと気がついてやたら納得したことがあったなあ(20代。遠い目)。その彼といて好きだった自分って何だったんだろう?その時の自分のどこが好きだったんだろうって思い出してみると「自分」の望みがよくわかる。結局はすべて「自分を知るための」作業。で、その次、ですよ。お客さん。

  

一切の見返りを求めない。期待もしない。ただ、好き、愛してる、それだけ。という領域の恋愛は極上でございますよ。そんな風に彼を思ったときに実はたいして愛してなかったって気づいてしまうかもね。たいてい不倫の場合は既婚者の男がグイグイ押してきてなんかわからんうちにどんどん押されて好きになっちゃって、それなのに、ってパターンが圧倒的だしね。ほんと、あいつら何なんだろうね。 

 

軸は常に自分に。恋愛至上主義って本当に人を幸せにするのかね?だけどうっかり落ちちゃうから仕方ないよね。完全に自分を見失える最高に強い刺激。修羅場も振り返れば乙なもの。とにかく思いつめるとろくなことにならないよ。地球上に男は何人いると思ってんの?35億だよ、35億!!

 

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

【よく読まれています】 

http://kazumi1000.hatenablog.com/entry/2016/04/12/191908

 http://kazumi1000.hatenablog.com/entry/2015/10/10/142340

 

 

 http://kazumi1000.hatenablog.com/entry/2015/10/23/193618

kazumi1000.hatenablog.com

 

 

 

『この世界の片隅に』※ネタバレなし

f:id:kazumi1000:20170212004333j:plain

とんでもない映画を見てしまった。見た後に呆然とする映画。泣ける、とか、笑う、とか、考えさせられるとか、生きる力をもらったとか、全米が泣いたとか、そうものを超えてそんな安っぽいものをはるかに超えてただ呆然とする。感情の持って行きようがない。多分、これって最上級なんだと思う。「人の心を動かす」のが感動ならばこの映画は最上級なのだと思う。どう感じていいか分からない。ただ、呆然とする。言葉にできない。最上級。

 

 

2月11日は『我フェス』で琵琶湖を歩く予定だった。が、雪だし道が凍って転びそうだったので少し歩いてあとは映画みましょうということで了解をいただいた。フェスの一環として見たのがこの映画『この世界の片隅に』。天気がもち直したので映画を見た後琵琶湖畔を一駅分ほど歩いたけれどあまりの衝撃で言葉も少なく参加いただいた方には申し訳なかった。

 

 

主人公の声をあまちゃんでお馴染みの能年玲奈(のん)がやっていて本当に素晴らしかった。全てがさらっと描かれていて製作者からのメッセージがまるでなにもないかのように何ひとつ押し付けがなく感想のすべてが映画を観るものにゆだねられている。

 

悲しくて悲しくて

とてもやりきれない

この限りない むなしさの

救いはないだろうか 

 

映画の初めの方で流れる音楽。あれからずっと考えている。主人公の「すずさん」を想うとき。自分が知りうる限りもっとも「透明な」自分が出てきた。私にとって新しい領域だ。観る者に新しい領域を開かせるくらい圧倒的なリアリティで心にぶっこんでくる。

 

 

他者への目線の位置。私はこれまでどのくらいちゃんと人の奥にあるものを見ようとしてきただろうか。理解しようとしてきただろうか。ちゃんと「自分」を外せていただろうか。

 

 

「救い」とは何か。悲しさもやりきれなさも虚しさも救いも美しさもすべて「人間である」ということに集約するように思う。「それでも」「生きていく」ということにすべてが集約されるように思う。

 

 

そしてあの「限りない むなしさ」を超えて戦後を超えて今の日本がこの日常があるということを思うとき、とんでもない時代を生きているのだと感じる。悲しみや苦しみや恨みや怒りを「過剰に」煽ることなく、誰かを他国を「過剰に」悪者にすることなく生活者とその内面を表現すること。こんな作品を産みだせる国は実は非常に限られている。

 

 

クラウドファンディングで製作費を集めたというこの映画。片渕監督がこの映画を通して何を伝えたかったのかは分からない。分からないけど受け取った。「すず」という主人公が実在するのだと信じるあるいは信じさせるその一点に向かって描き込まれる当時の美しい風景、街の様子、明るい日常、のんきな笑い、恋、結婚、生活、リアリティ。そして能年玲奈。まあ、すごいです。全く感想になっていないけれど感想にしたくない、そういう稀な映画でした。去年の映画ですがまだ一部映画館では上映されているようです。

劇場情報|Theaterpage Master

 

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

 【よく読まれています】 

それって問題だったのでしょうか? - ごろ寝発電 

 

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電 

 

個人プレーの時代は終わりました。

f:id:kazumi1000:20170128154353j:plain

新しい時代

1月22日横浜での中野裕弓さん(ロミさん)の講演会に行ってきた。その空間でインスパイアされたことは山のようにあるのだけれどその中で一撃をくらったのがこの言葉。

 

個人プレーの時代は終わりました。

 

ロミさんからはこれについての説明は特になく、サッと次の話題に移ってしまったのだが、その一瞬、この一言で私の中に漠然とあった自分が握りしめていたものが崩壊し、バタバタと扉が開いた。

 

 

個人プレーの時代は終わりました

これまで自分自身であり続けることに注力してきた。自分であり続けることを繰り返していけば、心が喜ぶ。喜びで自分のコップが満たされる。そしてあふれ出る。どうしたって外のいろんな人に向かう。「喜び」のダダ漏れ。源泉かけ流し。

 

そんな「個」をやりつくした「自分のことは終わらせた」人たちと始める新しい団体ゲーム。

 

「群れる」とかどっちが上だとか進んでるだとかの「マウンティング」とはほど遠い自由な、そしてお互いをリスペクトしあえる尊重しあえる気楽な世界。だってお互い、どうしようもなく「わたし」な「だけ」だもんね。

 

 

「自分の手柄」から自由になる

新しいことを始める。それは「完全オリジナル」で「自分が」始めるんだと思ってた。「自分の手柄」を他の人に持っていかれることがとても嫌だった。「自分の手柄」つまり「これは私のものだ。私がやったんだ。すごいのは私。評価されるのは私」 

 

「これはわたしのものだ!」がある限り広がらない。「カラオケ」だって発明した人が特許やら権利やそういったものをあえて取らなかったからここまで大きなものになった。海外でも「KARAOKE」で普通に通じる。日本発の文化になった。

 

所有の意識は自由と拡大を阻害する。

 

 

自覚で「枠」は簡単に外れる

こだわりに気が付けば枠が外れる。そして一気に楽になる。 そしたらなんだか「1人でやらなくてもいい」とすっと思えた。なになにこの楽な感じ。堂々と人が始めたものに乗っかろうと思った。帰りの新幹線の中から秋田で『我フェス』を開催する亀谷美奈子さんに連絡した。

 

●●●「我フェス」同じ日に大阪で開催してもいい?他の地域の人にも紹介していい?同時多発的にやったら面白くない?その為には我が始めたという我さえ捨てなければいけないけど、どう?  ●●●

 

どう反応が返ってくるかな、と思ったらめっちゃサイコーだった。

f:id:kazumi1000:20170127201644j:plain

 

これからは一匹オオカミ的な「個」が集まって創るにシフトしていくように思う。確立した「個」が寄ってたかって創り上げていく。確実にこれが主流になる。だって、おもろいやん?そっちの方が。「手柄は独り占め」の時代は終わる。インターネットの登場ってほんと世界と意識を変えたよね。

 

 

『我フェス』とは何ぞや? 

自分一人でも今日は「フェス」って決めちゃえばその日は祭り。ひとりから始められるフェス。それが「我フェス」。何かを始める最初の一歩は小さくていい。始めること。まずは自分を楽しませること。

 

詳しくは主催者の美奈子さんのブログをどうぞ。

我フェス@御成座vol.0~はじまりの予感~|言葉をつむぎ生きるをたのしむ つむぎの小屋

 

 美奈子さん曰く2月11日はマヤ歴では 

自分の思いに奉仕することで 人びとがつながり、くっつき、活性化しちゃう変容の嵐のエネルギーが満ちる日

しかも満月。なんとなくめでたい感じがする!!自分の思いに忠実であることが世界をよくする日。なんてスバラシイんだ!!

 

 

で、大阪は何するの??

さて何をしよう。お話会、セッション、セミナー、コラージュ、うーん、何か違う。他は、いや、おもろいんだけど大がかりすぎて二転三転四転五転して「そうだ、琵琶湖歩こう」となった。

 

秋田で始まった『我フェス』は2月11日、北海道、秋田、大阪、沖縄と4か所でそれぞれ同時に開催される。北から南まで線で繋がった。

 

そのダイナミックな流れを感じながら琵琶湖畔を喜びいっぱいにウキウキ歩きたいと思う。琵琶湖一周250キロを13回に分けて1年くらいで歩く予定。その1回目をフェスにします。約16キロ歩きます。いろいろお話しましょう。疲れてヒッチハイクしちゃったらごめんね。ゆるく歩きます。できることなら巻き込まれて欲しいけど1人でもフェスだからね。「来てくれなかったらどうしよう」がないのが「我フェス」のいいところ。自己満足でいいのだ。

 

「喜び」から発せられる何か。それが一番の社会貢献だと確信している。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日 時:2月11日(土)10:00~

集 合:JR大津駅・みどりの窓口あたりに10時集合

※お弁当やお茶など持ち物は各自判断下さい。私は途中でお弁当買うかお店入るか適当にやります。


●JR大津駅とJR南草津駅の間を歩きます。

※天候が悪い場合は中止です。その際はお茶かランチしましょう。
※中止変更の際はFBイベントページに投稿します。必ずご確認ください。

 

では、琵琶湖を一緒に歩いてくれる酔狂な(笑)方はこちらから。

https://www.facebook.com/events/185695385241589/

※人数確認の為に参加ボタン押していだだくだけでOKです。

 

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

 

【よく読まれています】  

「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電

 地に足をつけて生きなさい、と同級生にめっちゃ叱られたはなし。なんのために生まれて、なにをして生きる? - ごろ寝発電

kazumi1000.hatenablog.com

 

 

 

ただ、認めあう。

f:id:kazumi1000:20170113173536j:plain

 昨日、海外の友人ともめた。なんだか自分勝手な人だな、と以前から思ってたけどいよいよ私の許容範囲を超えたので「あまりに自分勝手すぎる。いったいなんなんだ」と拙い英語で強めに返信した。そしたら「そう思うんなら君は僕を(FBの友達から)削除することができる。消せばいいじゃないか。ブロックすればいいじゃないか」と返ってきた。くっそー。

 

最初は「え!?逆切れ?」と思ったけど、確かにその通り。被害を受けたような気になっていたけど私には選択権があっていつでも切れる。彼は終始変わらず彼であっただけ。悪い所だと指摘されても動じない。これが俺だと譲らない。やるな。

 

 

 自分を見捨てないということ

「あなた自分勝手すぎるのよ」なんて言われたら今の私なら「そうです」って認めて終わりだけど、以前の私なら猛烈に傷ついて反省してただろう。どこが悪かったんだろうと自分を変えようと努力しただろう。変えるから嫌わないで、私を見捨てないでって。誰に対しても以前はそう思ってたな。誰からも嫌われたくなくて簡単に自分を見捨てていた。

 

「僕は僕だ。選ぶのは君だ」だよ。この自己肯定感。何があっても自分を見捨てない。嫌われる覚悟もすごい。お見事です。

 

 

決めるのはわたし

「わたしが」その人といて「楽しいか楽しくないか」「居心地がいいかよくないか」それだけの話。決めるのは私。どんな対人関係の中でも決定権は常に「わたし」にある。わたしの人生なんだから。被害者のフリしても無駄。いつも「わたしが」決めている。いつも「あなたが」決めている。誰かのせいにはできない。

 

 

 瞬間瞬間をていねいに終わらせる

なぜ今までこの人ちょっと・・と思いながら対応していたのか?とても楽しかった時間があってその経験に執着していたようだ。過去は過去。その時だけ。二度と同じ時間は戻らない。再現できない。だからこそ一瞬が永遠を超えるのだ。

 

あの時は本当に楽しかった。ほんとにほんとにありがとう。だけど「いま」私はどうしたい?過去はいったん終了。ありがとうの気持ち。優しい気持ちで「good luck」。ふわっと送る。気持ちの上で丁寧に一度ちゃんと終わらせる。過去は終了。これから先は謎。「いま」どうしたいか。

 

 

ただ、認め合う

あんなに自分勝手な人に出逢ったことはない。異文化って、おもしろい。いろんな自分が出てくる。多様性っておもしろい。みんな違うから、違ってくれてるから、だから出逢うんだよ。そして世界は廻る。その人らしく生きればいい。

 

 

世界に一つだけの花

自分という花を咲かせること「だけ」に一生懸命になればいい。自分自身を生き切ることに集中する。それができてはじめて自分とは違う理解できない人々をも認めることができる。認めたからって無理に相手を好きになる必要もない。相手を変える必要もない。自分が変わる必要もない。そこに余分な感情は必要ない。ただ、認めあう。まずは自分を。そして誰かを。

 

I love you, because you are you

 

あなたがあなたであるから、だから大好きです。  

f:id:kazumi1000:20170110192204j:plain

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

 

【よく読まれています】 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

 

丸腰だから最強だ!!

葉っぱ隊が好きだ。葉っぱ隊が私の原点だ。葉っぱ隊をご存知ない方はぜひ。最後にリンク貼っておきます。世界中のアホが愛おしい。毎回泣く。

 

そして君は見たか?大晦日の『ガキ使』を。アキラ100%先生と原田龍二先生の『丸腰デカ』を!!

 

なんなんだあのクオリティ。あの熱量。年末に人を笑わせるためにどれぐらいの時間練習したのだろう。なんて素晴らしいんだ。爆笑した!!感動した!!大好きです。 

f:id:kazumi1000:20170110013754j:plain

 

丸腰マダム

何故だろう。昔から『丸腰』とか『葉っぱ一枚』とか、やたら熱いものがこみ上げてくる。『丸腰だから最強だ』。なんて素晴らしい歌詞なんだ。これ以上言葉は要らない。

 

2017年は丸腰で生きていきたい。『丸腰マダム』で飛ばして行きたい。もともと何にも持ってない。ないんだもん。どうだい、最強じゃないか。武器など何もないままで、何者でもないままで、このままで。このどうかしてるままで。『生きているからluckyだ』それだけでいいじゃないか。それ以外のことはほとんど気のせいだ、と言い切りたい。 

 

 

2016年を軽く振り返る

2016年はそぎ落とした。「やった」ことではなく「やらなかった」ことで私はわたしになれた。一番のターニングポイントは大騒ぎして周りを巻き込んで進めていたツアーを「違和感」で中止したことだろう。

 

あの時は「社会人」として完全に終わったなと思った。あんなバンジー来る??あんな「お試し」来る??自分の想いに忠実に生きるって、ほんと「きっついな」と思ったよ。全然ゆるふわじゃない。ごっついよ。覚悟いるよ。だけどこうしかできないよ。あの前後、渦中で、ほんと皆様ありがとうございました。完全に世界が変わりました。

 

 

 

そして2017年。

年が明けたらこれまた感覚がガラッと変わってる。なんというか「気楽」。まるでフィルターがかかったようにあらゆる事が喜劇に見えてくる。いろんなことのオチまで読める。なんなんだろう。新しい境地だ。 

 

 

 

すべて与えられるから 全部捨ててもいい

年末の大掃除をしていた時にふと『すべて与えられるから 全部捨ててもいい』という言葉がやってきた。降ってきたというか湧いてきたというか。もう、「さっぱり」ですね。「すっきり」生きていいってことですね。もう、「自分のこと」は終わっちゃいましたね。風が吹くね。  

f:id:kazumi1000:20170110192204j:plain

そして確信。意味もなく余裕。へらへらしちゃう。

  

ということで遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。昨年は気付けば15か国ほど旅してました。今年は基本ジャパンの予定です。書く以上に人と会っていきたいと思います。一緒に遊びましょう。

 

君が変われば世界も変わる。葉っぱ一枚あればいい。君がいたからluckyだ!! 

youtu.be

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

【よく読まれています】 

kazumi1000.hatenablog.com 

kazumi1000.hatenablog.com

 

 

夫婦を超えてゆけ

「うちはハイブリッドな夫婦だから。スナックのママ、興味なし!」夏の終わり頃、東南アジアを1か月ほど旅をしてきてその後も国内を移動しまくっていて、毎秒ごとに自分を見失いなんだか完全に自分の軸がブレておかしな方向に踏み出していた頃、尊敬する人にこう言われた。「そんな事してたらだんなさん、スナックのママに行っちゃうわよ。あなたと一緒にいる意味がないじゃない?」

 

 

ここで言う「スナックのママ」とは実在する特定の人物ではなく、スナックのママ的な人、という意味。話を聞いてくれて褒めてくれて気分よくしてくれる誰か。まったく発想になかったので青ざめて新幹線に飛び乗り、急いで帰ってだんなと話をした。その時うちのだんなが発したのが冒頭の言葉。

 

 

ハイブリッドな夫婦

その時はなんだかよく分からなかったけど話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を夜中に一挙に観て、そういう意味だったかとやっと分かった。

 

ゴリゴリの理系で論理的思考の夫。私は理系の男の人にしか萌えない。自分が文系で感情的で起伏があるから感情がフラットで冷静な男の人が好き。 

 

ハイブリッド、つまり『ふたつの要素(異種)を組み合わせて作られたひとつのもの』。「あなたみたいに軽いノリで結婚したわけじゃないから」と何度か言われたことがある。やっと分かってきた。この人はすっごく覚悟して結婚したんだ。二人もしくは一人であっても「二人にとって最適な」夫婦関係を構築していこうと覚悟してたんだ。

 

 

結婚して13年。分かってるようで全然分かってなかった。わたしはただ「好き」だけで、だんなは「二人で添い遂げること」を二人で作り上げていく関係性を見てた。大人と子供。そう気づいたら一気にこれまでの夫の発言が理解できて、今、決して忘れないように悶絶しながらこれを書いている。自分の稚拙さアホさが死ぬほど恥ずかしい。

 

 

 

どうあるのが君のためなのか、二人のためなのか

そういえば夫に「この先他の男の人とも付き合ってみたい」ってクレイジーな相談をしたことがある。真剣に考えて出してくれた答えが「期間限定で実験的に離婚してみる?」だった。非常に真剣に真摯に考えてくれたのだ。たくさん議論してさんざんシュミレーションして「意味がない」って結論になったので実行はしなかったんだけど。

 

こんな常軌を逸した相談に真摯に答えてくれたことで改めてこの人しか要らない、と思った。これも常識に囚われずに妻が、2人が、どうあるのが「最適」(幸せ)なのかを一番に考えてくれていたということ。大人すぎて大きすぎて甘えすぎてなんだか。

 

 

大きすぎるものは視界の限界を超える。

自分が稚拙すぎて真意を受け取れなかった時期も勝手に被害妄想して「どうせ分かってくれない」とか「私が成長するのがイヤなんだ」とか思い込んでた時期もあった。だけどちゃんと気づけばいつだって根本はでっかい愛なのでした。大きすぎるものは見えにくい。大きすぎると近すぎると視界の限界を超える。分からない。分かってなかった。

 

 

この子の可能性をつぶしたくない 

私が一人で海外に行くことやヒッチハイクしたりすることを聞いた共通の友人が「危ないから止めさせて」と夫に言ったとき。「心配はしてる。だけどこの子は自分たちが見れない世界を見てくるのかもしれない。自分の心配でこの子の可能性を潰したくない」。そんな風に思ってくれてたのかと驚いた。常に会話していてもコアな部分は案外分かってない。あえて聞かないから語られないだけの想いは多い。身近な人ほど。

 

 

自分の代わりに生きる

自分一人であれもこれもは生きられない。いろんな人が「自分の代わりに」体験してくれてるんだと思う。私は子供を産まない選択をし、こういう風に生きてるけれど、他の人が代わりに産んでくれて、私は代わりにこういう経験をしていて、と感じる。だから自分が選ばなかった人生を歩いている人に対して嫉妬とか羨ましいとかはない。

 

 

以前はすべてをあれもこれも自分の手に入れなくちゃ、と思っていたが、結局誰がやってもいい「役割」みたいなもので1つで繋がっていて、と、自分と他者との境界があいまいに感じられる。稀にあなたは私であり私はあなたでもあると感じる時がある。夫と私どっちが体験してもいい。それと同時に尊重すべき全く別の「個」でもある。

 

 

常に相手にとっての「最適」を考えるということ。先日のこれまた1か月のヨーロッパ放浪も寒いし全く行く気がなかったけど『お金も時間も有限なんだよ。しかも行動できる条件が常に整っているとは限らない。よく考えなさい』と例を挙げてゴリゴリに論理的に詰められて私は知恵熱で数日寝込み、やっぱり行きたい、という結論に至ったのだった。

 

 

夫婦を超えてゆけ

わたしたちはオリジナルの夫婦関係を構築していく。意思の力で。「ふつう」なんて幻想。「結婚は」ってすべてのカップルをまとめて語ることはできない。一人ひとり一組一組まったく違ったオリジナルの人間関係なのだと思う。「人生の墓場」になる場合もあるし「自由をくれる」場合もある。結婚という概念を言い訳にしないで自分たちの関係だけを直視するしかない。他の人が何を言おうと知ったことじゃない。

 

 

関係性の中には「別れ」を学ぶために出逢う、ってこともあると思う。「別れ」でしか感じられない感情もあってそのために誰かと出逢う。そして予定通り別れる。「別れ」「離婚」は決してネガティブじゃない。得たものを見る。

 

 

夫婦を超えてゆけ、ほんといい歌詞だな。星野源やるな。2人を超えてゆけ。1人を超えてゆけ。究極はここだと思う。「一人を超えてゆく」それは別に結婚していてもいなくても、誰かと付き合っていてもいなくても同じことだと思う。「1人を超えてゆけ」。実は、もう、みんな超えてるんだよ。

 

いずれにせよ今日はだんなに土下座からのジャンピング・ハグ、の気分である。 やー!

f:id:kazumi1000:20161222212748j:plain

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebookhttps://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitterhttps://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。メッセージなしの友達申請はどうしていいか分かりません。なにかメッセージくだされ。

***********************

 

【関連の過去記事】

 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

 【よく読まれています】 

kazumi1000.hatenablog.com

 

丹田に力を込めよ!!そしてマダムの世界。

旅の始めはカンが鈍っているので緊張する。普段なら絶対に選ばない夜の到着便。知らない土地のしかも夜に地下鉄になんて乗りたくない。駅から宿まで迷わずにたどり着ける自信がない。sim購入前でグーグルマップも使えない。そもそもiPhoneを手に持って歩けるほど治安がいいのかさえ分からない。

 

 

ヒースロー空港に到着してビビりながら夜の地下鉄に乗る。間違えて途中までしか行かない線に乗ってしまった。どうするんだ、どうなるんだ、たどり着くのか?観光客丸出しの荷物抱えてこれ以上遅い時間になるのは嫌だ。うわーーん。

 

と思ったのは約2秒。3秒目には丹田に力を込めよ」と自分に言い聞かせた。自分一人だ。私しかいない。頼れるのは私だけ。底力だけ。全部盗られたとしても私は残る。大丈夫だ。とにかく丹田に力を込めるしかない。何故かそう思った。背筋を伸ばして座りなおす。

f:id:kazumi1000:20161211090328j:plain

そうやって落ち着いて見てみるとロンドンの地下鉄、なんともかわいい。小さくてなんだか「かまくら」の中にいるような。

 

しとしと雨が降る中をみんなで静かにかまくらの中。なんだかほっこりした気持ちになってきた。まさにTube。血管の中を走っているような不思議な気持ちになった。

 

一緒に地下鉄に乗り合わせた人たちが愛おしくさえなってきた。この人たちに会いたかったんだな、『わたしの旅』が始まったんだな、と思った。ここからの快進撃はフェイスブックで報告の通りである。がはは。

 

 

自分を整えるしかない

全く同じ状況なのに自分の「在り方」が「見方」が変われば世界は変わる。それは当たり前のこと。だから良くない方に流れそうな気配がしたら私は速攻で自分を整える。とにかく「落ち着く」。落ち着きさえすればこっちのものだ。 

f:id:kazumi1000:20161211093631j:plain

最近は職人芸かと自分でも驚くほどの切り替えの早さである。高田純次になったりオネエになったり試行錯誤の末、なにがあっても大丈夫だとデーンと座っていられるようになった。

 

「なんとかなる」というよりも「どうせなんとかするんでしょ、私が」と思っている。思っているというより「知ってるんだからね。このこのー!」みたいな感じ。「どうしよ、どうしよ」とか思ってもいない無駄なプレイをしなくなった。「大丈夫」って知っている。

f:id:kazumi1000:20161211094022j:plain

 

結論。

ここで唐突に結論。結局大丈夫なのだ。自分の思った通りじゃなくても。大丈夫。分かったからすっごい楽。外側に求め続ける限り、外側のせいにし続ける限り、プレイを手放さない限り、本当の意味では楽にはなれない。全部、ある。すでに、ある。

もちろん簡単には楽にならないぜプレイもそれはそれでアリです。 

f:id:kazumi1000:20161211094942j:plain

私は無駄にいろいろ遠回りして、経験して、やっと今に至ってるから、いろいろな人の段階が分かる。理解ができる。一発で自分自身を生きれている、あるいはそう生きるしかない最短距離で進んでいく若い人を見て羨ましく思ったこともあったけど、いろんな段階を経てきた私だからこそ分かることもあるんだよね。ほんと、年を重ねてきて良かった。全部、何一つ無駄じゃなかった。まあ、ほんと壮大な遠回りでとてもマニアックだけど。 

f:id:kazumi1000:20161211101128j:plain

毎日毎日「マダム」「マダム」と呼ばれてるとだんだんその気になってくる。法令線がかっこよくて若作りなんてクソくらえで重ねてきた日々を全肯定するかのごとく堂々としてて素敵な、いろんな国で見てきた本物の「マダム」になりたいものだ。40過ぎていつまでも女子、も悪くないけどやっぱマダムでしょ。いよいよ私の人生も謎の「マダム期」に突入である。 

f:id:kazumi1000:20161211093944j:plain

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebookhttps://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitterhttps://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。メッセージなしの友達申請はどうしていいか分かりません。なにかメッセージくだされ。

***********************

 

【関連する過去記事】 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

 【何故かよく読まれています】 

 

ツンデレUKに捧ぐ。おすすめしない旅@Glastonbury

どうも。和美おねぇよ。お馴染みの方はお馴染みね。初めての人は慣れてね。例によってそんな気分だから今日はこれで行くわ。 

それにしてもイギリスさん、いえ、UKさん、ううん、UKって呼ばせて。あなたってどうしてこんなにツンデレなの??昨日までは寒さと強風と雨で人の心をさんざん折ってめっちゃブルーにしといて今日はなに?なんなのよ、この素敵なウェザー。やればできるじゃない。完璧じゃないの。

f:id:kazumi1000:20161126023759j:plain

 だけどやっぱり頂上では台風なみの暴風をくらわせてくれたわね。久しぶりに立ってられなくて恐怖を感じたわよ。写真で伝わるかしら。

f:id:kazumi1000:20161126023854j:plain

とにかくアメとムチがすごすぎて離れられないわよ。愛おしいけど憎いお方。

 

あなたの精神的余裕。接客の概念を軽々と超えた驚異的な話好き。とんでもない親切心。目が合えば話しかけるかスマイルをくれる。入国審査から無駄に盛り上がるっていったいなんなのよ。話好きにも程があるわよ。UKで聴くOasisもコンビニにいるMrビーンもたまらない。 

f:id:kazumi1000:20161126024311j:plain

こんなに相性の合う国は初めてよ。好きな国はたくさんあるけど「相性」がいいってあるのね。なんの違和感もない。これってもしかしたら「旅」としては致命傷かもだけどこんなにフィットされちゃ仕方ないよね。

 

東南アジアの「余裕」とは全く違うこの国の「余裕」。初日から肌でビンビン感じてるこの感覚。なんとか言語化したい。これからの私たちにとってすごく大切な事のような気がするの。そのうち書くわ。

 

とうとう私も傘をささず紅茶にもギンギンに砂糖とミルクを入れちゃってるわよ。部屋の寒さも自作のペットボトル湯たんぽで完璧。サバイブ。そもそも東洋人が泊ったことないような地方の小さな宿ばかりを泊り歩いた私が悪いのよ。でもおかげであなたたちの半袖の謎と体感温度が知れて良かったわ。あなたを知りたかったの。わたし。

f:id:kazumi1000:20161126024422j:plain

明日から2泊予約してたB&Bからメールが届いたわ。「深刻な水漏れ」で「部屋が用意できません」って、やだーーー!どんだけーーー。やるわね。最後までやってくれるわね。何やら一生懸命代わりの宿を探してくれたっぽい。全部は理解できないけどなんかそんな感じの文章。代わりの宿、なんでもいいけど中心地からめっちゃ遠いんですけど。やーだー。どうやって行くのよ。明日考えるぅ。ぐぁぐぁ。

f:id:kazumi1000:20161126024902j:plain

ねぇUK、あと3日はあなたのツンデレ・プレイのとりこね。油断できないわ。ビールかと思って買ったのにシードルって何よ。紛らわしいわよ。なんなのよこの味。とりあえず愛してる。あと数日、よろしくね。

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebookhttps://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitterhttps://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。メッセージなしの友達申請はどうしていいか分かりません。なにかメッセージくだされ。

***********************

【懲りずにこれも読んでって】 

  

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

「地の果て」でも大丈夫@Land's End

f:id:kazumi1000:20161122044547j:plain

イギリス行きを決めたとき、”ランズエンド”という何やら魅力的な名前「だけ」に惹かれてそこに行こうと思った。だけど「名前がおもろい」だけで行くにはあまりにも遠すぎる。文字通り端っこやし。今回はやめとこ。とりあえず本でも読むかとタイトルと表紙の絵「だけ」に惹かれて衝動買いしていた『スナックちどり』という小説を何気なく手に取った。 

f:id:kazumi1000:20161122043629j:plain

絵からてっきりフランスのモンサンミッシェルの話だと思ってたらなんとランズエンドのすぐそばの街が舞台だった。おいおい。

 

 

うーん、これは行く流れかな。だけどめんどうだな、ともう一度スルーしてみた。

 

 

その1時間後にロンドン在住だと思い込んで連絡をとったHちゃんから「コーンウォール地方のファルマスにいます」と返信が。どこだ?と思って調べたらランズエンド方面。しかもこのあたりはケルト文化が残ってるらしい。

 

 

今回の旅は「ケルト」「縄文」「ストーンサークル」のワードと見るもの会う人イギリスに関することだらけで、そのラッシュがあんまりすごかったので行くことにしたのだ。最近旅に関しては私の意志とか関係なく自動操縦で流れていく。冬のヨーロッパ寒いし嫌だなと思いながら料理をすればフライパンの焦げ付きまでイングランドアイルランドに見えてくる。

f:id:kazumi1000:20161122044056j:plain

そんなこんなでロンドンから9時間バスにゆられて「老人が住みたい街ナンバーワン」の素敵なファルマスという街でHちゃんと合流。とにかく彼女との会話は楽しい。

f:id:kazumi1000:20161122044322j:plain

写真はセント・マイケルズ・マウント。『スナックちどり』の表紙はこれでした。ここからランズエンドまでさらにバスで1時間。日曜なので3本しかない。乗り遅れは命取り。 

 

路線バスの中で地元の方にハイキングおすすめ情報をもらう。わーいとランズエンドから歩いて予定通りにセンネンコーブという場所に到達し、さあ帰ろうとしたらバスが終わってる。情報の行き違い。え!?あらま。やばい。どうする?なんだかイーグルスホテル・カリフォルニアの歌に出てくるような店があるだけ。ふと携帯を見ると圏外。うわー。地の果て感が半端ない。

 

どうなるんだ、やばいやろ、地の果てから帰れるのか?というときにあえて撮ったのがこの写真。打てるだけ手は打った。その次にやることは

f:id:kazumi1000:20161122044547j:plain

とにかくにっこり笑う。やばいときはやれることやって後はにっこり。それしかない。笑って、トイレ行って、落ち着いて、暖炉の前のソファーで飲み物までオーダーしちゃって、どうなるか分からんけど二人してリラックスしてみた。まあ、結果はちゃんと帰れたよね。しかも結果的になんとなくしたいなーと思ってたハイキング、地の果て感、暖炉を眺めながらまったり、が気がついたら叶ってた。

 

少し前なら泣いてパニクってたかもしれない。でも、大丈夫。このわけのわからん安心感。何があっても大丈夫。地の果てでも大丈夫。携帯圏外でも大丈夫。死んだとしても大丈夫。 

f:id:kazumi1000:20161122044817j:plain

良し悪しとか、私がいま、決めるこっちゃない。そんなのどうでもいい。何があっても大丈夫。すべて順調。言葉にしようとすればするほど伝わらないけど。

 

バスの中から「え?なんでこんなとこにあるの?」って感じで小さなストーンサークルが見えた。驚いた気がしたけど、心の奥のほうは「ですよね」って思ってる。そうなるって「知って」いる。 

f:id:kazumi1000:20161122043600j:plain

私のやっていることにどんな意味があるのかは知らない。明日からはまた移動だ。何をしに、なぜここに来たのか。誰の役にも立たない、なんの生産性もない行為。だけどこれがしたくて生まれてきた気がする。宿が寒すぎて風邪ひいて熱まで出てきた。無意味で無駄で、細胞中が喜んでいる。これで、いいのだ。これが、いいのだ。

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebookhttps://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitterhttps://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。メッセージなしの友達申請はどうしていいか分かりません。なにかメッセージくだされ。

***********************

 【よく読まれています】

 

kazumi1000.hatenablog.com

 

 

旅の宿。オススメしない旅@ロンドン

2日ほど滞在したロンドンを離れ明日はバスで9時間ほど移動する。例によって大英博物館にも行かずトラガルファー広場にもバッキンガム宮殿にも行かずでロンドンが終わってしまった。今日はスーパーと銀行とカフェ行ってその辺ぶらぶらしただけ。さすがに今夜は「これでいいのか!?」と自問している。一応昨日は寒さに震えながら二階建てバスからビッグベンも見たからよしとしよう。

f:id:kazumi1000:20161118060042j:plain

寒いから2階席はガラガラ。そして日暮れが早い。3時過ぎでこの日の傾き!これぞ本来の時計としての正しい使い方。

f:id:kazumi1000:20161118060551j:plain

あと話には聞いていたけど、イギリスの天候の変化はすごい。昨日手ぶらで出かけて急な雨に降られ、突風に吹かれ簡単に心が折れて今日はこのありさま。

 

どんな旅やねんと言われるけど私の旅は基本こんな感じ。

◆基本観光しない。

◆ただ移動するだけ。

◆行先はサイコロで決める。

◆ガイドブック持っていかない。

◆ガイドブック読んでいかない。

◆下調べほとんどしない。

◆調べないから名物も知らないので名物ほとんど食べない。食べれない。

◆基本早く家に帰りたいと思っている。

 詳しくは過去記事を。意外とよく読まれています。 

 ほんとオススメできません。

 

 

ロンドンの宿

私が主に利用する宿はホステルと呼ばれるこんな感じの所。ベッドはやたら沈みます。腰にくる。ずっとだとやっぱり疲れるので途中でいい感じのホテルもかまします。ここで1拍3500円くらい。ロンドン高い!!東南アジアならだいたい10ドル以下かな。

f:id:kazumi1000:20161118062052j:plain

「危なくないの?」ってよく聞かれますがどっちにしろ海外では貴重品は常に肌身離さずだし、普段の生活にこだわりすぎたらやってけないし、こういう所に泊まる人はある程度人が好きな人たちだし、基本的にみんな節約一人旅なので妙な親近感があります。同じ匂いというか心得てる人が多いというか。快適な距離感。どっちにしろ自己責任の世界で助け合う感じで私は好きです。肌の色も国籍も全然違う初めて会った人たちとあることで夜中みんな目が覚めて爆笑した昨晩を思い出すとたまりません。そして翌日お互いにそれぞれの行きたい場所に旅立って行く「good luck」な感じも好きです。ベッド2段目から見たらこんな感じ。

f:id:kazumi1000:20161118063525j:plain

あとキッチンがついてるところが多くて助かります。ここは大きなホステルなのでキッチンも充実。スーパーで買ったものを食べたりしてます。何でも高いロンドン。特に外食は高いけど日常的な食糧は安い気がする。ありがたやー。

f:id:kazumi1000:20161118065352j:plain

 

イコカとスマホ

実はイギリスにいる実感はほとんどありません。

普段から「あれ?ここ東京だっけ?大阪だっけ?」と今いる場所が本気で分からなくなる事が多いけどロンドンもそんな感じ。カオス感がなくて快適だからだと思うけど実感がない。東京にでも来てる感じ。宿から近いのでロンドンブリッジに行ったけど神戸のモザイクか山下公園あたりにいる感じ。日常。もしかしたら旅の方が日常になったのかな。

 

地下鉄で毎回切符買うのがめんどくさいのでイコカ(スイカ)的なオイスターカードを購入。さらにイギリスのsimを購入してスマホも普通に使ってます。ますます普段の大阪の暮らしと変わらない。 

f:id:kazumi1000:20161118070837j:plain

結局私が旅先で見てるのってこういうところなんだよね。

f:id:kazumi1000:20161118071229j:plain

ここのこの部分。

f:id:kazumi1000:20161118071259j:plain

なんかシュール。楽しい。

おすすめしない。こんな旅はオススメしない・・・・・。

 

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebookhttps://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitterhttps://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。メッセージなしの友達申請はどうしていいか分かりません。なにかメッセージくだされ。

***********************

【どうせならこれも読んでって】 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com 

kazumi1000.hatenablog.com