ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

ありがとうって要らんな、って話をモンゴルのゲルの中でしてまして・・・・

 

f:id:kazumi1000:20150915073338j:plain

※2015.7.24Facebookに投稿

 

ゲルの中でありがとうって要らんな、という話をしていた。
みんないろいろ経験から出てるんだけど、
私がなんでそう思うかというお話。

 

2カ月くらい前に10日間ほど大人数で共同生活をしながらお互い会話はダメ、アイコンタクトもダメ、身振り手振りもダメ、全く誰もいないかのように過ごす、という修行?をしてきた。いわゆる聖なる沈黙ってやつ。

 

1日2日は大丈夫。3日目くらいに今まで経験したことのない猛烈な孤独を味わって、4日目以降からいろいろ見えてきた。口もきかない、目も合わせない、でも、やっぱり共同生活だから、何らかの行いはある。

 

「ありがとう」を言いたい場面や「すみません」を言いたい場面は頻繁におこる。でも言えない。するとどうなるか。

 

やってくれた人に対して直接言えない行き場をなくした「ありがとう」の言葉と気持ちは、 他の場面や人にまわすしかなくなる。


ドアを開けててくれて「ありがとう」は、その人に伝えられないから、他の人のためににドアを開けておく。

 

感謝を「その人」に「直接」返して終わらせるんじゃなくって、 別の人に廻して、廻して、循環していく。そういうことか、と思った。

 

ペイバックじゃなくってペイフォワード。

 

「ありがとう」って一言で、”相手と私の中だけで終ってしまう”部分は多いと思う。
だから極論だけど、 言葉で言ってしまうことで”完結してしまうのなら”「ありがとう」ってむしろ要らんな、って思う。

f:id:kazumi1000:20150915073450j:plain

遊牧民の暮らしは厳しい。厳しい暮らしの中、お客さんが来れば大歓迎する。 移動途中でレストランでお金払って何か食べるなんてできないから、 途中のゲルで誰かのお世話になる。あるときは突然やってきた誰かのお世話をする。そんな風にして暮らす彼らは日本人ほど頻繁に「ありがとう」を言わない。

 

「有り難い=めったにない」ことではなく、 「当たり前」のことだからなのではないかと勝手に思っている。

 

「ありがとう」って要らんって書いたけど、ちょっと違うな。
相手に返して2人で完結してしまう「ありがとう」は次に廻したほうが自然だね、
しかも貸し借りみたいなややこしさがなくって重くないね、っていうお話でした。

 

それと、この修行?の時同時に感じたのは、 「その人の発する言葉よりも、その人の行動を見るほうが間違えない」ってこと。 口で上手い事言える人はいっぱいいる。でも、黙って行動している人もいっぱいいる。

 

トークを制限されると、必然的にその人の行い、行動だけが見える。 「ああ、こんなことしてくれてたんだー」「素晴らしい人だな」って、 普段なら見えなかったであろう本質的なものが見えた気がした。ってか、ずっとそればかり見てた。そして、私ってクソだな、と思った。 口ばっかりで全然行動できてないな、って猛烈に恥ずかしかった。

 

「感謝はまわすもの」「その人の言葉よりも行動をみる」

 

本当の意味での自由な人になりたいな。

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えてる世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************