読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

最近よく相談うける「結婚したい」「不倫」「結婚制度」について。不倫や浮気には2種類ある

恋愛・結婚

f:id:kazumi1000:20151010133530j:plain

最近よく相談うける「結婚したい」「不倫」「結婚制度」について
不倫や浮気には2種類ある


わたしが頻繁に家を空けて(けっこう長期だったりする)いることで、周囲からは「だんなさん大丈夫なの?」とよく聞かれるのでその件も少し。

うちは結婚11年目の夫婦2人家族です。

 

●結婚したいって、いったい何人と結婚する方向で自分磨いてるの?

結局、結婚って、たった一人の人とするわけだから、別に100人にモテなくても、たった一人の「マニア」に気にいってもらえばできちゃうもの。

 

だから、今の自分を否定して、いろいろ変えたいと思うよりも、自分の好きなことや自分自身の好きな部分をもっと肥大化させて、マニアックに自分を尖らせていくと、「マニア」に見つけてもらいやすいと思う。

 

もちろんこっちもその過程で好みが精査されていくから相手を見つけやすいし。
対数は減るけど、断然こっちでしょ。

 

もし、万が一、それでも出会えなかったとしても、少なくとも本当の自分でいられるし、好きなことできてるし。


「誰かもわからない誰か」のために、「自分ではない一般ウケしそうな何か」
になるのって、めっちゃリスキーだし、年取ってからのダメージでかすぎる。

 

●放浪してても許される理由

 うちの旦那って、ほんと「マニア」だな、って思う。
最近特に言われるけど、わたし、めちゃくちゃですし。
家事能力も女子力もやばいです。
唯一酒は飲めます。

うちのだんなが女性に求めるのは
「ごはんが作れる女より一緒に酒が飲める女」
だったので、かろうじて、そこだけでクリア。

でもこれ、一応わたしの名誉のために言うと、
一緒に酒を酌み交わして楽しい話ができる、ってこと混みです。
量飲めるだけとかそういうんじゃないんで念のため。

だから、いま、あちこち遠征?して私自身をアップデートしてるんで、だんなからしたら一緒に呑む酒も会話も私が会社員時代より話題が豊富になってて楽しくなってるのは間違いない。ここがベースなので、うちはわたしがどこに行こうと大丈夫なんです。

 


●どんな人とどんな風に時間をすごしたいか

自分はどんな人とどんな風に時間をすごしたら楽しいか、もイメージしておくと
チャンスを逃しにくい気がします。

ちなみにわたしは、感情の起伏が少ない安定したひと、わたしを自由に泳がせてくれる人、できれば理系で数字に強い人、とハッキリしています。(地図なんか読めたら最高。あと、エヴァンゲリオンの話とかもできたら何もいう事ないっす。)


自分が感情人間で、数字に弱くて、自由じゃなきゃ死ぬので。

 

それにしてもみんな、100人にモテようとしすぎ。
結婚だけに特化するのなら、本当の自分を出して、それ、いいね、って言ってくれる
「たった一人のマニア」に気づいてもらえばOKなんだから「愛されなんちゃら」とか書いてある雑誌なんか捨ててしまええええ。

 

まあ、そういうのじゃなくてただただ大勢にモテたい、みーんなにチヤホヤされたい、って場合は別ですよ。その場合は形骸化された女になることをお勧めします。

 

 

●優先順位がかわるとき。実は自分で決めちゃってたりする。

婚活も「自分を知る作業」なしには進めない方がいいと思う。
結局、なんでもかんでもここに結びつくんだけど、まずは自分を自分で楽しませること。楽しそうな女のひとは最強。自分自身とまず結婚する、って言ったら分かりにくいですか?

 

それと私の場合は、当時バリバリの営業パーソンだったので、仕事大好きだったけど激務すぎて生理も半年止まってたし、こりゃ死ぬな、と思って辞めたら今のだんなと付き合うことになって、1か月くらいで速攻結婚でした。

 

働いてたときは、結婚とかそりゃしたいけど、時間的にも仕事的にも無理ーと思っていたので、心の優先順位が高くなかったんだろうと思う。今思えば。したいと言いつつ別にしたくなかったという。

いったん仕事手放したときに結婚がきたんでした。

 


●なんで結婚制度を採用したのか

 で、結婚制度ですが非常に快適かつ便利です。
一緒に住んでても親や親せきへの説明が不要。

対外的に説明しなくても分かってもらえるので、その部分が楽です。
(仕事しない理由の説明とかは非常に困難。世代によっては全く理解してくれないし)

あと、パートナーに手術が必要なことなど何かあったらわたしに一番に知らせがくる。これデカイ。

一応不倫はご法度とか制約がかかるのはその通りですが、悪くない制度だと考えています。便利。

でも、結婚制度がなかったとしてもだんなとは同棲してるでしょうね。
好きな人と暮らせるんだよー。

うちは子供いないんで、特にどうしても結婚制度利用しなきゃ、ってわけでもないし。
ただただいろいろややこしく説明しなくていいし、悪くないし、単純に「結婚しよう」
と言われて嬉しかったのでこの制度を採用しています。

 

別の視点からは国家が国民を管理・把握しやすい、っていうのもあるのかな。
でも、そんなんだけだったらどっかで破たんするでしょうがしてないですし。

 

イタリアのダマヌールというところでは、離婚は存在しないそうです。
何故なら「1年契約更新あり」の結婚制度だから。

これ聞いた時はいいねー、と一瞬思ったのですが、
でも、なんで「そこまでして」結婚という体制にこだわるんでしょうね?
そっちの方が謎です。

 


●不倫や浮気には2種類ある

以前は不倫や浮気する人サイテーと思ってましたが、自分がするしないはともかく、今はパートナーがそれで幸せ感じるんだったらいいんじゃないか?とも思ってます。

 

また、愛情の量って、制限ないんじゃないか?
無制限かつ無尽蔵なんじゃないかという気もしています。

 

他の人に愛情がいってしまったら、もう一人の人への愛の量が減る???

それって、すでに、「今の相手に不満があって別に行ったひと」のパターンで
不幸で終わる枯渇型の不倫・浮気だと思います。

 

そうでなくって、今の相手も超好きだけど、他の人も好きやねんパターンは愛情が2倍3倍、下手したら2乗3乗になるようなその人の持つ愛のキャパそのものが広くなるような、いい感じの不倫や浮気ってものもある気がします。

 

あ、ここらへん、ってすごくセンシティブな内容みたいで、いろんな人があちこちでやいやい言われてるの知ってます。あくまでわたしはこう思うってだけなんで、激しい批判とか受け付けません。華麗に流しますのでよろしくです。

 

そう考えていくと、みんながハッピー起源の素敵な関係築けたら
なんか、めっちゃいい感じな気がするのですが、
ここで、じゃーーーん、いつもの「常識」と「罪悪感」登場!ですね。

 

こいつ、ほんまに手ごわい。

なんか、強制とか束縛とかそういう重力感じるものから少しだけふわっとした感覚になれんもんですかね。

 

よくいろいろ話を聞く不倫って、そりゃあんたやめときなはれ、
って言いたくなることが多いんです。

「不足を埋める」系だから。

淋しさだったり、セックスだったり、自信のなさだったり。

 

なんか、自分に欠けてるもの、欲しているもの、欠乏感から始まる恋は、
まあ、それも味わいあるっちゃあるけど、人間だもの。オッケーだよ。
でも途中がキツイよね。
結局は自分自身で満たさないと他者からでは満たされないものだから。
自分が満たされてないときに引き寄せる相手も満たされてない人だから、結局残念。

 

まずは自分をみてあげて欲しいなー。

 

もう一方のそうじゃない恋愛、
自分をしっかり愛せてるひとが落ちちゃう複数人数との恋愛はすごく
ハッピーな感じするんだよね。
この愛の総量が拡張する世界、興味あるなー♪

 

はい、ここで「所有」の問題きました。
結局、所有の問題も「欠乏感」だよね。人に対しても。モノに対しても。
お金の問題もここで解決するな。

これ、手ごわいなあ。
欠乏感はどこからくるのか?


なんか長くなりそうなのでまた別の日につづく・・・

 

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************