読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

どんなときでも自分を見捨てない、ということ。

f:id:kazumi1000:20151112064656j:plain

 

最近、お茶なんかしながらお話してると相手が泣くことが多い。
それはわたしがどう、とか、そういうことでは一切なくて、
なにか、相手の琴線に触れる瞬間があるのだと思う。
相手の欲する言葉が、わたしの口から急にでてくることがある。
伝わると、泣いちゃう。
泣いちゃうあなたがすばらしい。
あなたの中のなにか、が、すばらしい。
そのとき、わたしの心のなにかも呼応している。

 

「対話する」というのはこういうことなのだろう。
すべては「わたし」の問題なのだが、なにかを「伝えあう」ことでしか
産れない感覚や気づけないものもあるのだろう。

だからわたしたちは「対話」するのだろう。
あなたの「いま」を知り、わたしの「いま」を伝える。
そしてそれは循環していく。その言葉はそのままわたしに戻る。すごい。


先日、友人と3人で神戸のカフェで話しててぐわーっときた。
彼女たちとの付き合いは非常に短く、ここ1.2年、一人にいたっては
会うの2回目。しかし非常に楽しい時間を過ごした。

 

何回会ったかとか、
知り合ってからの期間とか、年齢とか、もう、
分かり合えるかどうかには、まったく、ぜんぜん、関係ない。
感覚だけがすべて。

 

話してても「そうそう」と「あ、そういうことかー」を連発しあえる会話は楽しい。

 

●とりつくろわない。ブラックな自分を受け入れる。ジャッジしない。

いろんな話をしたのだがその中で
実はこういう嫌なことがあって、なんかひっかかってて、
と控えめに一人が話しだした。


聞いてて思ったのは
「悪気のあるきれいな言葉」は、確実に相手に届く、ってこと。
嫌われることを恐れて、くるんでごまかして悪化させる。
悪気のない汚い言葉の方がよっぽどマシ。


もう1つは、これ、わたしも、めちゃくちゃよくやっちゃうんだけど、ポジティブにコーティングされたネガティブな感情、というものがある。

 

 なんか、「ポジティブ教」と言いたくなるほど「ポジティブ」じゃなきゃいけない、って感覚が強くて、ガッツリネガティブな内容なのに、「まあ、それはいいんだけどね」とか「そこは分かってるんだけどね」「彼女にもいろいろあったんだと思うんだけどね」とか、いう言葉で、自分の「怒り」や「悲しみ」を閉じ込めて、ポジティブでくるむという。

 

わたしはエセポジティブとかポジティブコーティングとか勝手に呼んでるんだけど、そういう、「負」の感情を抑え込みながら話だしたのを感じた。

 

怒りは怒りでいいんだよ。
苦しいのは苦しいでいいんだよ。
悲しかったの、やるせなかったの、あたまにきたの。
踏みつけられた気がしたんでしょ?

怒っていい。泣いていい。

誰かを嫌ってもいいし、嫌われてもいい。


ほんとうは全部吐き出して楽になって欲しかったんだけど、どうやら「認めたくないなにか」にブロックされたみたいで、そのときはそこで終わった。
その感じも、また、いいよね。こっから先はあなただけの作業。
すぐには終わらせねえよ、お楽しみに。みたいな。


自分の中にあるブラックな感情。
嫌われたくないためにつける蛇足の言葉。


それ、いらんねん。
媚びる気持ち、ぶっ飛ばしていこう。


自分の中にある「悪気」を、
ブラックな感情をジャッジしない。
腹黒い自分を否定しない。
腹黒い自分を認めて、受け入れて、抱きしめよう。

 

腹黒いからって、悪いわけじゃないよ。
そのぐらいで、少なくともわたしはあなたを嫌いになったり絶対しないから。
大丈夫だから。
ほんまに大丈夫だから。

 

ネガティブであることを否定しない。
ええ、ネガティブですよ。
はい、ネガティブですよ。

 

それがわたしのすべてではない。
それもわたしの一部。

 

自分だけは自分を嫌わない。
自分だけは自分を見捨てない。

 

それでいいじゃん。それだけで。

 

どんなにわたしがあなたを肯定しても、
あなたがあなた自身を肯定できなければ、
どんな言葉もなんにも、ほんとうになんにも伝わらない。

 

いまの、その、腐った感情をかかえた、そのままで、
そのまんまで、いまのまんまで、既にOKなのだ!!!!!!!

 

OKなの!!! 以上

 


●未熟な大人であるということ

 清々しく生きていきたい。

未熟であることを受け入れるのは厳しい。

特に最近イケてる、とか、そこはもう乗り越えた、理解した、わかってる、
って思ってる時って、特にそう。しょっちゅう悶絶してる。


だけど、わたしたちが知ってることなんて、ほんとうに本当にちょびっとで、ほとんどなーんもわかっちゃいない。

 

あまりのなーんも分からなさに愕然とするときもあるけれど、
だけど、その、なんも分かってなさ具合がいいんんじゃん。

 

ぜーんぶ分かったらんなら、もう、アガリ、シャバも卒業、って感じでしょ?
生きてく醍醐味ないってことだしなあ。

 

あと、もう、くどいけど、比較はいらない。

 

あの人はこの領域までいってる、とか、先に進んでるとか、
焦る必要もうらやむ必要もない。

 

ないです!
ないんです!


みんな、わたしも、あなたも、それぞれ、精いっぱい、いい感じで、ジタバタしながら、笑いながら、一日を過ごしてるだけの存在。

 

それぞれの感覚で、その人なりに。

 

さあ、今日も生きよう!笑おう!歌おう!落ち込もう!怒ろう!誰かを嫌おう!
嫌われよう!泣こう!叫ぼう!みんな、愛してるよ(^▽^)/

  

youtu.be

 

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************