読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

お金をめぐる冒険(その1)お金が喜ぶ嫁ぎ先が分かった!お金について思うこと。

f:id:kazumi1000:20151222132632j:plain

 

※途中クレイジーな画像も出ますのでお金のブロックのある方はこの記事を見ない、読まないことを強くお勧めします。

 

去年の今ごろ、1万円札を破りました。
いつもお札の向きをきちんとそろえて長財布を使って大切に扱っているのに破りました。

 

あるヤバイ会で、1万円札を破ったって話が出て、
その人の話聞いてたら急にわたしも破りたくなっちゃって、
財布見たらいつもは入っていない諭吉さんがいらっしゃって、
ビリっと。躊躇なく。真ん中から。

「どんな感じですか?」って聞かれて、
「うーん。別になにも」って答えて、自分の手を見たら震えてた。

 

たぶんその時は、お金のブロックがあると「他の人に思われたくなくて」

きちんと自分の感情を感じてあげれてなかったんだと思う。
だから本当はその時わたしがどう感じていたか分かんない。

分かんないけど、めっちゃ疲れた。

 

で、どうせだから他の人も破っていいよーって渡したら、
その人が無邪気に横にお札を裂いたので、諭吉さんの首が切れた感じになった。

それを見た瞬間、「あかんやろ!」って思った。
単純に器物破損、あかんやろ!
人の顔が写ったものそんなんしたらあかんやろ、って思った。
ごめんね、ごめんね、ごめんね、諭吉、って思った。
そんで、好きなのにそんなことしてごめんね、って思った。


あ、先に言っておきますが、
自分のお札を破るのは犯罪ではありません。
お札はただの日本銀行券なので、
自分が持っている分を自分で破るのは大丈夫です。
ただし、硬貨はダメです。
硬貨を損傷すると罰せられます。

 

軽くて腐らないから気軽に貯めこめるもの

お金。
好きです。
わたしをいい気持ちにさせてくれるから。

でも、なんとなくお金もイリュージョンなんじゃないかとも思っています。
共同幻想

お金「そのもの」は大好きです。
お金を扱う人の感情とかストーリーがややこしいだけで。

お金は便利。

腐らないし、軽いし、今や数字だけのものだし、
あったら便利だからいくらでも貯めこめる。

だからもっと、もっと、ってなりやすい。

この部分がちょっとややこしい。

 

もし、お金が腐るものだったり、
原始時代みたいに1メートルぐらいある石でできてたりしたら、
かさばるし、邪魔やし、いらんわい、になってたはず。

だけど今はガンガン貯めこめるから、
もっと、もっと、とため込む。

それがいいとか、悪いとか、他者に対して一切いってません。
各個人の趣味や生き方の問題なんで。


貯めようが宵越しの金は持たねえ、だろうが、もちろんどっちもアリだと思っています。

ただ、個人的には「どーせ、金持って死なれへん」と思ってます。

江戸っ子に強いシンパシーを感じているので、こんな感じです。

 

私にはなんとなくいろんなものが循環してるイメージがあって、
情報もお金も感謝も愛も、わたしで堰き止めるんじゃなくって通過させたい、
って感じがあります。
機嫌よく流すしていく、流れてってね、っていうか・・・。

 

で、いま、猛烈に金がない。

お札破った、あれから1年。
大好き通り越して愛してる友に出逢って1年。

よっしゃ、お祝いで破るか、って感じで、
これまた普段はお会いしない諭吉さんがたまたま手元にあった。
おお、これは!
破った。
躊躇なく。

お金ないのに。

f:id:kazumi1000:20151222135449j:plain


写真送ったら、友も破った。

彼女もお金ないのに。
しかも、アート。

まじ、センスある。好きだー!!

f:id:kazumi1000:20151222135521j:plain

 

ほんで一夜明けて、あ、あのお金修復して別の人に送ろう、って急に思った。
細かいことは省くけど、常々その感性とか活動をぶっ飛んでて素晴らしいな、
未来を創ってるな、血を流してて素敵だな、と思ってる青年がいて、
彼がもらってくれたら超嬉しいな、と思った。


さっそくメッセージ送ったら、受け取ってくれるって。
すんごい嬉しかった。
めっちゃ嬉しかった。
「ありがたい」って思った。
受け取ってもらえて超うれしい。
嬉しくってありがたい。
ありがたやーー。

なんだこれ。
なんだ、この、溢れる喜び。

お金ないのに、貰ってください、とお願いし、
貰ってくれると聞いたら嬉しさと喜びでうわーーーってなってる。

なんだ、なんだ。

でも、たぶん、これ、誰でもいいわけじゃない。
なんか、あの青年なんだよね。

彼が最近書いた絵を見せてもらったけど、
素晴らしいドローイングで、あ、そっか、だからか、ってそれ見て確信した。

 

お金が行きたがる人

 

ああ、わたしは、彼が「豊かな人」だから、彼にお金ちゃんを送り出したいんだ。
ってか、お金ちゃんが行きたがってるんだ。
あの豊かな人のところに行かせてーって、言ってるんだ。

だから受け取ってくれる、って言ってもらったとき、嬉しかったし、
ありがたやー、って気持ちになったんだ。

 

誰でもいいわけじゃない。
そっかー。

なんで誰でもいいわけじゃないのか不思議だったけど、
そういうことかー。


うほほ。

おっけー、おっけー。

わはははは。すごいね、こりゃ。

お金、面白いからまた書きます。つづく・・・

 

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************