読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

お金は投票権。自分は何がしたくてどうなりたいかも全部分かっちゃう。「何を」「誰を」通過させて循環するのか。お金について#02

お金

f:id:kazumi1000:20160222172605j:plain


お金は愛です、エネルギーです、とかって言われても、まったく分からないので、わたしなりにまとめてみました。

 

「そんな気持ちを乗せてお金を回さないで!迷惑です。」 

先日、面白い友人たちと話してて、私の口から出てきた言葉。

ここ数日、「循環」ってワードで全て説明がつくんじゃないか?と思っていて、
そこで出てきた言葉なんだけど、なんだか自分で妙に納得した。
どういう話の流れで出てきたのか完全に忘れちゃったけど。
誰かのためにとか、そうしないと悪いから払う、とか、そんなんだったかな?

 

「何を」「誰を」通過させて循環させるか。

つまりそういうことなんだよね。
全部。

この循環のサークルって以外と小さいんじゃないか?
もしくはやたら高速なんじゃないか?という気がしている。

よく言う「引き寄せ」って、昔からあんまりピンとこなかったし、
いまも、微妙に違和感がある。

引き寄せじゃなくって
循環なんじゃないの??

自分の在り方と行動がセットになってお金やいろんなものが世の中に流れていく。
いまの現実はそうじゃなくっても、そうありたいって思いを通過する。

いろんなものが通過する。
必要なものを受け取って、あとは全て通過する。たまに堰き止める人もいるけどそんな人は論外として基本的に通過する。
だけど、前と同じものが通過していくだけじゃない。
何かが乗っかって通過し、循環していく。

「誰を」「何を」経由させて循環するのか。
きっとそのめぐっていくもの自体が変容する。意味が変わる。

そしてそれが世の中をかけめぐっていく。

だから、上記の発言になったんだよね。
そんな、「自分の本心」でないものを、相手に悪いからとか仕方ないからとか罪悪感?そんなものをのせて、循環させないで、って。濁るから。

御布施や喜捨ってそういうことかもね。
透明な人やものや感情を通過すると、浄化されるってことかも。

そんで、一回美しいものになってまた世の中に流れる。

そういうのを無意識に感じてるから
「この人に何かせずにはいられなくなる」「お金が行きたがる」

参照記事:お金をめぐる冒険(その1)お金が喜ぶ嫁ぎ先が分かった!お金について思うこと。 - ごろ寝発電

誰でもいいわけじゃない、ってそういうこと。

 

もしも自分を知りたいのならば 

実はわたしは新卒で公認会計士事務所に数年勤めていました。
なので企業の財務諸表も読めたり分析できたりします。
確定申告とか楽勝です。
が、
まったく向いてないので今後たぶんそっち方向の仕事はやりません。

経験上1つ分かっているのは、お金の使い方って、その企業が何を言おうが、
その個人が何を素晴らしいことを言おうが、お金の使い方、流れ方、ストックの仕方、
そっちの方が雄弁に企業や人を物語るってことです。
財務諸表にぜーんぶ現れます。

言葉ではなく、行動が色濃く出ちゃんですよねー。
「お金」って、分かりやすいんですよ。すっごく。

「いまの自分」が何者か分からないときは、自分のお金の使い方を
一度じっくり洗ってみるといいと思います。

いったい何に使っているのか。
それは「どんな気持ちになりたくて」使っているのか。
あなたはどこに向かっているのでしょうね?
なにを感じているのでしょうね?
そして、どうなりたい、もしくは、どう在りたいのでしょうね?

  

お金は投票権

わたしにとってお金は投票権です。
好き、もしくは、いいね、の投票行為がお金を使うことだと思っています。

なので、使うときは基本的に「マジでサンクス♡」の気持ちです。
あなたに投票しちゃう♡って感じ。

だから投票権は多い方がいろんな「好きな人」や「好きなもの」に
「いいね」もしくは、「ありがとう」「素敵」「大好き」を伝えられるので
いいよねー、と思ってます。

まあ、投票権がなかったらなかったで、文章や言葉や態度で伝えるだけなんだけど。
だからどっちでもいいのかな?

自分が「これ!」って思うものに投票したいので、
好きじゃないスタンスのものには絶対投票しません。
つまりお金使いません。

どんな「在り方」を「気持ち」を乗せてそのお金を使うか、投票するか、
世の中に廻していくか。
わたしはなにがしたいのか。
どうありたいのか。

 

たいして根拠のない大丈夫

わたし、お金に関しては絶対大丈夫って思ってます。
なんでかというと、口元にほくろがあるから。
それだけ。

たったそれだけなんだけど、口元にほくろがある人は食いっぱぐれない、
って祖母から聞かされてて、だから大丈夫だろうと。

はあ?って感じでしょうが、なんか、余裕なんですよね。
残高少ない時でも、手持ちが少ない時でも、平気でかなりの額を寄付します。

しかも、「ください」を上回るテンションで「もらってください!」と
実際口にはしないけど、圧倒するようなテンションで渡すんだよね。
で、それをしてる自分が面白いので、なんというか、そこで完結してる。
当然感謝もして要らんし、渡したお金のこともあんまり覚えてない。
マジでもらってくれてありがとう。だけ。


「ない」「ある」どっちにフォーカスするか 

会社員だったときはお金ない、って思ってた。
辞めた今はお金ある、って思ってる。

変だけど、数字上では圧倒的にヤバイくらい「ない」んだろうけど、
絶対的に「ある」って感じてる。

これってなんだろう??

以前は「ない」ものにフォーカスしてて、老後とか不安で、
老後資金として考えると「全然足らない」。

で、いまは、今、しか生きていないし、「ある」しか見てないので1000円でも充分「ある」。

で、どっちの方がこころ穏やかに、もしくは人生が面白いか、
というと圧倒的にいま。

だって「ある」んだもーん。
それに「お金が来る」って知ってるもーん。

やっぱりお金ってイリュージョンなんじゃない??
自分の受け取り方次第でこんだけ変わるんだから絶対的じゃないんだろうね。
伸びたり縮んだり。

今後も自分が「気持ちいい」ことにだけ、
「気持ちよく」お金を使っていこうと思います。

なーんて言ってて、でも実験ですから、わたしがどっかで野たれ死んでたら、
ああ、あの人のあの説、違ったのねーって思ってくださいな。

でも、わたしって、『豊かさ』が似会っちゃうんだよねー。
大丈夫なんだよねー。ほくろあるから。

あはは。 

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************