読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

嫉妬について。特に恋愛における嫉妬、からの、世界のすべて。

f:id:kazumi1000:20160310182736j:plain

嫉妬について相談?みたいの受けることがあるんだけど、これに関してはわたしも謎で「所有の概念」とか頭で理解できてても腑に落ちない、なんだなんだ??と思っていたら、急に、ほんとに急に言葉が湧いてきて、突然腑に落ちました。なので荒々しくいきなり投稿。


嫉妬全般に共通するのだけど、ここでは特に根源的で分かりやすいので恋愛における嫉妬からアプローチする。「所有」ともう一つある。
で、いきなり結論から。

  

嫉妬とは、”期待”。
こういう人であって欲しくない、という勝手な期待。

すべて期待。こうあって欲しい、こうであるはずだ、という勝手な思い込みと期待。

対象そのものを、相手を「プラスの」フィルターなしで、完全にニュートラルに
見つめることに”自分が”耐えられない。”私が”耐えられない。

 

自分が愛した人が、自分を愛してくれている人が、例えば他の女に簡単に目移りしちゃうような「そんな程度の」「そんな人で」あって欲しくない。そんなの嫌だ耐えられない。

 

 このフィルターが目を曇らせる。
特に恋愛においてはこのフィルターが強烈に働く。
自意識とイコールだから。
恋愛で感情のコントロールができないのは、そのままズバリの自分と対峙せざるをえないからだろう。いろいろ出てくるもんね。
故に素晴らしいんだけど苦しい。

 

相手そのものを、そのまま、ありのままに、見る。

何も足さず、何も引かず、何も期待せず、

アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ 『雨ニモマケズ宮沢賢治

ただ、見る。

 

この人はこうだから、って、自分の「ジャッジ」を捨てる。
そんなモノは捨てる。
自分なんて捨てる。

 

捨ててしまえよ。

 

 

そのままを見る。そのものを見る。
在り様を見る。行動を見る。

 

勇気、要るよ。

 

そのうえで。
そのうえで、受け止める。
存在を受け止める。
存在の全てを、いや、存在だけを受け止める。

 

所有とはもう一つ別の視点。
でも、ある意味所有。変な、妄想の所有。
感情を殺せ、と言っているわけじゃない。
その先、その、先。

 

存在そのもの。
ただ、好きなように動いている、そうしたくてそうしてるだけの、どうしようもない、”存在”そのもの。

あなたもわたしも。


相手を見つめるということは、わたしを見つめるということ。


そこにもう、マジで自分の勝手な「ジャッジ」は要らない。
ジャッジするから苦しくなる。

ジャッジよ、消え去れ!

 

クリアな視点で見せておくれ。
すべてを、そのままで、まっすぐに。

見せておくれ。ただ一点を。
存在を。すべての人の存在だけを。


ただ、感じたい。
すべての人の”存在”だけを。コアだけを。
外側は、ほんとうにどうでもいい。

何をしていようが、何もしていなかろうが、どうでもいい。
ほんとうにどうでもいい。

 

自分に何かを感じさせれくれる存在として誰かが現れる。
そして強烈に揺さぶられる。
クールになんていられない。特に恋愛は。直球で自分にくるから。
だから、すごいんだよね。
だから、続かないんだよね。
変容するさ、そりゃ。

自分の一部だから。
わたしのかけらだから。

いろんなわたしというパーツの一つ。
わたしの中にあるもの。
この感覚。この感覚!!
そういうことか。

 

自分の一部を、かけらを、取り出して見せてくれる人。
そういう出会い。
誰かを好きになる、って、すごいね。
どうなったところで感謝しかないね。
今までつきあった彼氏全員に投げキッスだわ。

 

そして、究極は相手は関係ない。


この半端なさ。

 

YOU 死ぬほど恋しちゃいなよ。
ガンガン感情出しちゃいなよ。
そんで、自分に会い続けなよ。
生きてる、って、やっぱ、すごいね。参りました。

 

 

***「今のわたし」にとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook: https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000

Twitter: https://twitter.com/kazumi10000

 LINE: tsuji100

***************************