読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

強烈に憧れるもの。捨てられない反するもの。

f:id:kazumi1000:20170321163520j:plain

3連休のまんなか。少し変わったやり方でコラージュを作るイベントを開催してみた。何をやるかの説明もほとんどしなかったのでコラージュってなに??なんか気になるから参加してみた、って方が半数というとっても素敵な集まりになった。

 

例によって集合写真も撮り忘れ、二次会の「こたつBAR」での食事風景も撮り忘れ何ひとつ写真では残ってないのもとっても「らしい」なと思う。

 


人はいろんな成分でできている。

人はいろんな面を持ち合わせているのだと思う。

たった一つの表面化している部分を自分のすべてだとあの人のすべてだと思い込むのは無理がある。思考を外して作るコラージュには思いがけないものが出る。ヒントや方向性。思いがけない素敵な一面。本当の気持ち。見えないものを「見える化」するお遊び。所詮お遊び。面白い。

 

自分のコラージュを眺めながらいい具合に分裂してるなと思った。

 

 

ここではないどこか

私はいつも「ここではないどこか」へ行きたくなる。旅に出ないと死ぬ。どこか遠くへ行きたい。どこでもいい。ここではないどこかに行きたい。国内、海外、バーチャルな世界。いったいどこにたどり着くのか。

 

コラージュにバッチリ出てて笑いました。自分の名前が出ちゃうんだもんな。「和の美学」=「和美」。あまりに直球。今年は完全に原点回帰だな。「どこか」は「自分」であり「日本」でした。足元。

 

f:id:kazumi1000:20170321163544j:plain

 強烈に憧れるもの

1か月以上前に観た映画なのにいまだに考えている。直球で撃ち抜かれた「普通」であることのものすごさ。生活。『この世界の片隅に』そっと生きてるすごい人たち。

 

強烈に憧れる。すずさん的な生活者に強烈に憧れる。そうありたい。そう生きたい。だけどコラージュには『インモラル』(反道徳的)ってワードも出てきてる。出ちゃった。この辺が私のややこしい魅力。

 

強烈に憧れるものとそれに反する捨てれないもの。両方抱えて行きますよ。どっちも自分。ここから先は統一性のなさが強みになる。分裂パワーだ。

 

 

時代への対応という進化

これまでの「常識」が通用しなくなりつつある。そのことに興奮する自分がいる。価値観が多様化していくあるいは崩壊していく「過渡期の今」に興奮している。

 

見てきたものや聞いたこと 

いままで覚えた全部

でたらめだったら面白い 

そんな気持ちわかるでしょう 

 

ブルーハーツの『情熱の薔薇』。まあ、こんなのやくざもんですよ。自分の中のやくざもの。お待たせしました。出番です。生きてる間にこんな面白い時代を生きれるとは!そんな気持ち?わかりますとも!ヒロトさん!!

 

 

私らしさ、など何もない。あなたらしさ、など何もない。『私にとってだけの正解』もくそくらえだ。昨日の私もどうでもいい。何も統一されてない、アメーバーのように形を変えて何度も何度もサナギの中でぐちゃぐちゃのリキッドになりながら思いがけない蝶になるのだろう。そんな未来が来るのだろう。来るべき「未来」の前のサナギの中のリキッド時代がもう始まっている。それに合わせて昨日あたりから自分の感覚が変化している。

f:id:kazumi1000:20170127201408j:plain

ここからは「現実」が面白い。長かった国民国家が終わる。「リアル」が俄然楽しくなってきた。これまでとは全く違う、今までのやり方が一切通用しない予測不能の未来を恐れるか楽しむか。

 

「新しい」和の美学を見つけていきたいと思う。

 

 

※※ お話会はもうやりませんと以前言ってしまいましたが、やりまーす。開催して下さる方、お気軽にお問合せ下さい。※※

 

 

***わたしにとってだけの正解。見えている世界***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

***********************

【よく読まれています】 

 

ただ、認めあう。 - ごろ寝発電

 

「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電

 

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電