読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

「好きを仕事に」は万能ではない。

f:id:kazumi1000:20170328221849j:plain

世の中に「好きを仕事に」が氾濫している。もちろん「好きな仕事」で「楽しく」「ラクに」稼いでいる人もいっぱいいる。素敵。だけどそれ「だけ」が万能なわけではない。他の方法もありますよ、というお話。

 

 

好きを仕事にという呪縛

「好きを仕事に」したくてああでもないこうでもないといじくりまわしていた。「好きを仕事に」活躍している人が輝いて見える。まぶしいっ。危うく好きを仕事に「せねばならない」という意味不明の枠にとらわれるところだった。不自由すぎる。なんだこりゃ。やめた!と思ったら流れてきた。

 

 

まったくピンとこなかった仕事

4月からある仕事を請け負うことになった。オファーをいただいた時、特にやりたいとも思わなかった。だけどこのタイミングで来たのだから何かあるんだろうなと思った。「好きなこと」でもなんでもないけど。

 

それでここ数日は新しく身につけなければいけないスキルなどある意味「やりたくないがやらねばならぬこと」をやっていた。

 

 

まずはだんなに八つ当たり

あーもう、分からん!できない!こんなスキル要らんねん!イライラしてだんなに八つ当たりもかましながらそれでも集中して勉強してみた。そしたら・・・・・。

 

 

私の思い込みなんてそんなもの

楽しい。めっちゃ楽しい。むっちゃ楽しい。苦手だと思っていたものが思いがけず楽しい。あんなに「あれを始めよう」「これを仕事にしよう」とさんざん考えてきたのに。私の頭で思いつくものなんてそんなもんだよなー。いつも現実の流れの方がはるか上を行くよな。可能性を見せてくれる。私の「好き」ってこんな知らない所にもあったのか。知らなかったよ。ありがたやー。

 

 

旅と回転ずし

経験も知識も好き嫌いさえも関係ない何かがやってくる。旅に似ている。自分でも引くほどのノープランで出かけて行った先で何かが勝手に始まって、出逢うべき人に出逢って行くべきところにたどり着く。どうやら私は仕事もこのパターンのようだ。流れてきた回転ずしをクリアな状態で間髪入れずに取る。そしてそれがベストの寿司だと感じる。疑わない。美味しくいただく。

 

もちろん本気で嫌な仕事は最初から受けないしもし判断を間違えたら途中でも頭を下げて断るしかない。自分の軸がズレたり本音を無視して動こうとするとどうせ何らかのストップがかかる。その時は他にベストな人材が見つかるはずだ。

 

それにしても楽しくなるまでやってみる、って案外有効だな。この程度のことを「努力」とは呼ばない。ただ、やってみただけ。

 

冷静に考えたらそんなに楽しいはずないのにめっちゃ楽しい。思い込ませてるとかじゃなくて確実に心の底からふつふつと楽しい。これ、あの時の感覚に似てるなと思った。2015年の投稿。 ※念のため下に一部転記しておきます。

 

旅の始めに体調崩して、宿でうんうん唸りながらげーげー吐いて頭痛に胃痛に苦しみまくって10分後、なぜか爆笑。声をあげて笑ってて、自分でもびっくり。

旅先で熱出して唸り声をあげて苦しみまくってる自分が、なんか、妙におかしくなっちゃって爆笑。
んで、その後もげーげー吐いてるんだけど、やっぱり笑っちゃう。

こういうのって初めて。
あ、わたし、これから先、何だか分からないけど大丈夫だな。って思いました。
なんでも面白がるんだなーって。
もともとシリアスな人だったのにね。
人間なんて簡単に変わる。

でまあ、体調悪いので昼間は川っぺりに新聞敷いて寝転んでました。
と、だんなから今なにしてんの?LINEがきたので、川っぺりで寝転がってる、と返信したら「優雅だね」

金ないから新聞敷いて寝てるのに優雅!?
確かに。
確かに優雅だ!!
私が優雅だと思えば優雅だ!!!
さっきまでの道に寝ているというちょっと恥ずかしかった気持ちが一気に豊かな感じになって優雅に休息しました。
おほほほほ。

結局、起こった出来事に対して、「私が」どう受け取るか、ってことが全てなんだなぁと思った下北半島での出来事でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝手に「楽しくなる」

『いま飲んでるコーヒーが「美味しいから」幸せなんじゃなくて、「幸せな私」が飲んでいるコーヒーだから美味しいのよ』

 

大好きな先輩の言葉だが本当にこれに尽きると思う。

 

結局、何をしても良かったのだ。ある程度時間の自由が効くところならば(これは絶対外せない)きっとなんでもよかったのだ。私が居るところが「楽しいところ」。私がやる仕事が「楽しい仕事」。何もなくても楽しいから。楽しんじゃうに決まってる。何にこだわって何を握りしめてたんだろう。アホらしい。

 

日々精進

今日は脳内を田中邦衛にジャックされている。油断すると「あしーの、のーばせる露天風呂ー」と1人で叫んでいる。『北の国から』を知らない方には意味不明だろうが「子どもが食べてるでしょうがっ」なども叫んでいる。もう、ダメだ。楽しすぎる。何やっても楽しすぎる。1人なのに。

  

 なにがあっても「おもろい」ととるか「シリアス」に受け取るか。「よく」受け取るか「悪く」受け取るか。これは性質とか性格ではない。練習すれば何とでもなるもの。日々精進しております。「あしーの、のーばせる、露天風呂ーーー」

 

***   go with the flow   ***

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォロー大歓迎です。

※交通費を出していただければお話会など基本的にどこでも行きます。

***********************

【よく読まれています】

「やりたいこと」とか「ワクワク」とか、もうどうでもいい。その先。あるいはその前。 サンプルとして生きる。 - ごろ寝発電

夫婦を超えてゆけ - ごろ寝発電

「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電