ごろ寝発電

”experience is everything" 辻和美というサンプル。

「使命探し」をやめた話。

f:id:kazumi1000:20170906205755j:plain

そういえば自分の「使命」を探していた時期があった。

 

一人に一つ「魂職(こんしょく)」があると聞いた時には何が自分の魂職なのか、何がしたくてこの世に来たのか、使命が何なのかとても知りたかった。

 

なんで知りたいの?

「これだ!」ってものが分ったら迷わないし楽だから。そこに真の自分、真の充足があるような気がしていた。迷ってる時が、決められない時が一番しんどい。

 

 

目的地を決めない旅

特に何があるって訳じゃないのに旅をする。基本的に安宿でゴロゴロしている。目的も何か得るものもましてや「意味」なんて考えない。サイコロ転がして行く先を決める。

 

旅はそんな感じなのになぜ「人生」では「目的」や「意味」を求めてしまうのだろう。そう考えると「使命」を「決める」ことさえ窮屈なような可能性を狭めるような気さえしてくる。 

 

 

グレーにどれだけ耐えれるか

白か黒か決めてしまえたらとても楽。

あいまいなまま

分からないまま

どれだけ持ち続けていられるか。

受容できるか。

f:id:kazumi1000:20170906201559j:plain

この東洋的な感覚は実はとても大人なんじゃないかと思う。

分らないまま「分からない」を持ち続けたまま進む。

 

 

「結果」よりも「目的」よりも

今となっては思い出せないがどこかの時点で私は「結果」よりも「過程」を楽しもうと思ったのだと思う。「目的」のための「手段」としての「何か」は放棄して「気が付いたらここにたどり着いてました」でいい、と決めた。何者かにならなくてもいい、と決めた。

 

サイコロ振って人生を決める、で、いい。

行き当たりばったりでかまわない。

結果は問わない。

過程を楽しめばいい。

コントロールできるともしようとも思わない。

夢も目標も使命もやりたいこともなくてもいい。

 

もちろん「目的地」を決めて進んでもいいし「意味」を大事にする生き方も素晴らしい。成し遂げたい確固たるものがある人は迷いがなくて素敵です。

 

結局は他者の生き方や意見もただのサンプルにすぎない。あくまで「ご参考ください」程度のもの。最後は自分で選んで自分だけの道を歩くのだ。

 

「縁起」で流れてみる

最近は自分で選ぶことを放棄して流れてきたものをただただ受け取っている。気がノラなくてもピンとこなくてもとりあえずやってみる「ご縁」の実験をしている。やってダメだった時はやめるだけ。

 

失敗したって、損したって、誰かにどう思われるかなんてそんなもの、どうだっていいじゃないか(えなり風に) 

f:id:kazumi1000:20170906162457j:plain

 

 

一隅を照らせ

もう何か月もずーーっと『この世界の片隅に』のすずさんの事を考えている。世界の片隅を照らす生き方。

f:id:kazumi1000:20170321163544j:plain

自分が好きでご陽気に簡単にできちゃうことで周りの人がちょっとでもゴキゲンに気が楽になれたらいいな、と思う。

 

大きいことはやらないけれどそっと一隅を照らしていけたらな、と思う。

そういう「普通の大人」でありたい。

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

【よく読まれています】 

kazumi1000.hatenablog.com

 

kazumi1000.hatenablog.com