ごろ寝発電

”experience is everything" イランカラプテ(╹◡╹)

自分を好きになる必要はない

10日間ほど完全に連絡が遮断された状態で京都で山籠もりをしていた。その後神様が7日間滞在中という出雲大社へ。「神在祭」最終日。「縁結大祭」に参列。祝詞に呼応するように大雨と雷。寒い。

 

帰宅の高速バスの中でこんなマニアックなブログを探し当ててしかも全部読んだというセンスのいい方から「どうしても自分を好きになれないのですがどうしたらいいですか?」とメッセージをいただいた。

 

「自分を好きになれない自分を好きになってみてはいかがですか」 

「それができないんです」 

どうしよう。さっきのがファイナルアンサーなんだけど・・・。では別の方向で。 

「自分を愛したり好きになったりする必要はないですよ」 

「え?」

f:id:kazumi1000:20171113010510j:plain

「自分を愛する」「自分を満たす」が、あふれすぎていて、もはや自分を愛さ「ねば」ならない、とか自分を満たせない私なんて・・と自分を責めて苦しくなっている人がいる。

 

「本音で生きねばならない」とか「自分を生きねばならない」とか。「好きな事をしなければならない」とか。

 

それはそうなんだけどそれに「ねばならない」が付き出したらこれは一番やっかい。沼です。対処法はいろいろありますがまずは気づいたら一度そっと離れましょう。 

f:id:kazumi1000:20171113001100j:plain

 

自分を好きも嫌いもない

そもそも自分を好きとか嫌いとか、何だろう?

 

自分を好きとか嫌いとかそんな評価を私たちは自分自身に対して下したところでまったく意味がない。何故なら「ただ、自分なだけ」だから。

 

 

比較に伴う感情はムダすぎる

ライオンがどうして俺はカバじゃないんだ!って悩み苦しんでも、いやいや、君、ライオンやし、としか言いようがない。 

f:id:kazumi1000:20171113010124j:plain

ライオンの良さをどれだけ伝えても本人がライオンを否定したら行き場がない。 

否定してもライオン。肯定してもライオン。自分を好きでもライオン。自分を嫌いでもライオン。どうせライオン。だって、君、ライオンやん?今世はどうやらライオンだから、諦めて。いいからライオン極めなよ。ライオンを楽しもうよ。でも、あのライオンの方が、って、それはほとんど誤差の範囲です。

 

そこはお互い潔く諦めましょう。明るい諦め。しゃーないやん。だって私なんだもん。これで行くしかないのだ。自分を好きとか嫌いとかどうでもよくなってきた?まだですか。では、続けます。

 

 

こんな感じでこんな顔でこんな色で

ヨーロッパを旅していると毎日とんでもない美人やとんでもないスタイル抜群の人を目にする。あんなものを毎日毎日見せられたら多少何か塗りたくったところで何したってどうしようもない。

 

骨が違うよ、骨が。

 

さて、ここでやさぐれずにどう道を見つけましょうか。現状を冷静にただただ見る。

 

ヨーロッパ系やアフリカ系。みんな違う。そして私はアジア人。日本人。そして「私である」ということ。 

f:id:kazumi1000:20171113011212j:plain

根拠なく「斎藤さんだぞ」と自信ありげに言い切る斎藤さんが頭をよぎった。なんて最高なんだ! 

 

「俺なんて斎藤さんだし」よりも「斎藤さんだぞ」。「和美さんだぞ」。根拠なんか要らない。ただただドヤ顔で言い切る。だから何だと言われても知ったこっちゃないのだ。「私は私だ」と言い切る瞬間にモードが変わる。「〇〇さんだぞ」。それだけだ。こんな力強い存在の全肯定はない。

 

 

変えられるものと変えられないもの

世の中には変えられるものと変えられないものがある。待ってるバスが事情があって遅れる、これは変えられない事。

 

ひたすら何で来ないんだと変えられないものに対してイライラして待つか、好きな本でも読んで優雅に待つか、これは変えられること。選べること。

 

変えられないものは置いといて変えられることに注力すれば同じ出来事でも全く違う過程や結果になる。その積み重ねが最終的にはその人の人生になる。

 

 

他者とは自分のためだけに存在してくれている現象である

世界中に自分1人だけだったら。自分が何者で何なのかさえ分からない。他者が居てくれるからこそ自分の輪郭が分かる。結局は他者を見ながら自分を観ているのだ。すべての主体は自分である。そして同時に自分も誰かのためだけに存在している。そして、って、ね、わけわからんでしょ。わかんないんだよ。自分と他人との境目なんて。

 

 

ただ1つだけ言えることは、

 

あなたはあなたに生まれてきて本当に良かったね。自分を好きでも嫌いでもあなたはあなたで良かったね。

私も私で本当に良かったよ。

そして、出会えて嬉しいよ。

さっさと自分自身であることに降伏して認めて楽になって自分を遊びましょう(๑>◡<๑) ここから先は楽しいよ。 

愛を込めて。 

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

 

【よく読まれています】 

 

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com

kazumi1000.hatenablog.com