ごろ寝発電

”experience is everything" イランカラプテ(╹◡╹)

旅と断捨離と私

f:id:kazumi1000:20180903024345j:plain

お盆に実家に帰省した際、例によって極端な断捨離をしてきた。

 

過去記事:「ときめくもの」まで捨てた先。THEエクストリーム断捨離 - ごろ寝発電

 

もはや私があの家で生まれて暮らした痕跡すら皆無である。一切の取捨選択をせず、ときめこうが高かろうがもったいなかろうが新しかろうが容赦なくこれでもかと捨ててきた。根絶やし。

 

まったく読んだ記憶も買った記憶もない種類の本が大量にあって驚いた。やりたいことが分からなかった時期は自分には昔からそういう願望とか夢とかもともと全くなかったと思っていたが、小さくそれはあって自分では自覚さえなくても実家の本棚にはひっそりと残っていた。

 

アジアやヨーロッパ、海外を一人旅した人の旅行記。いわゆる旅の猛者が書いたようなものではなく、「小心者でもできた」とか震えながら一人旅してきた有名じゃない人たちが書いた本がほとんどだった。逆に有名な『深夜特急』は読んだことがない。

 

マイルドな諦め

あの頃、あの部屋で、特別熱い気持ちなんて皆無で、自分がすべてをマイルドに諦めていることにも気づかずに、だけどなんとなく「やってみたいな」「できたらいいな」でも、まあ「無理だよな」と、それでも「うっすら」願っていたんだろうな。海外一人旅に当時の自分が興味があったなんてまったく思い出せないけれど。

 

小さな火種

小さな火種や小さな想いの奥に強い本音があったりする。そういうのは大人になっていくと消える。本当に小さな、微細なものだからすぐに消えて忘れる。自覚さえできない。

 

旅の記録

データ量が膨大になってきたのでスマホの写真を捨てていた。

一応外付けHDにバックアップはとったもののスマホからは会社員を辞めてからのいろんな旅の記録を、これまた容赦なく捨てていく。

捨てながらなんだか泣けてきた。

本当にこんなにいろんな国を一人で旅したんだな。今の生き方を選ぶのは怖かったけどよく決断したな。よくやった。あの時踏み出してくれてありがとう、自分。

 

とはいえ、結局は同じこと

行きたいけれど行かない人生、

行きたいから行っちゃう人生、

 

どっちもアリだと思う。

 

行かずに死んだら後悔するとか、「やらなかった後悔」とか言うけれど、そんな安っぽいもんじゃないでしょう。

 

お金や仕事やいろんな理由で「行きたいけど行かない」を選択したことで「別のこと」をやっているはず。例えそれがごろ寝であっても「その行かずにやった」「別のこと」に意味がないはずがない。いや、ある。(反語使ってみました)

 

「やりたくてやったこと」も「やりたくないんだけどやること」も結局は同じこと。

 

「やりたいこと」を「やった」人生も「やらなかった」人生も、どっちがすごいとかえらいとか、そんなのあるわけない。そんなことでマウントを取り合う意味が分からない。等価値。どっちも最高。

 

 

人生の納得度

行動という意味ではどちらも同じ。では何が違うのか。人生の納得度が違う。それだけ。そしてそれが私にとっては全てだったりする。

 

他の人から見てどう、とかどうでもよくて、自分が納得できればそれでいい。それだけで自分の中の風通しが良くなる。心地いい。ゴキゲンで過ごせる。これ以外に望むものはない。

 

思い出の全てを捨てても大丈夫

モノを捨てるとき。過去の自分と対峙する。あの時うっすら願った未来が今だというのは嬉しい。まさかろくに観光もしないで宿でゴロゴロしてるだけのよくわからない旅をしてるとは夢にも思わなかったけど。

 

結局は「今の自分」がここまでの集大成なのだから何を捨てても大丈夫。

「今の自分」にすべて集約されている。

全部、ある。

 

そして「今の自分」さえ未来から見れば「あの時の自分」であり、しかも未来は選べる。

 

何もしていない、何もしてこなかった、ということはあり得ない。

望んだこととは違うかもしれないけれど

自分では気づいていなくても

必ず何かをやっている。

そしてそれには意味がある。

 

たとえ自分にとっては意味はなくても

他の人には大きな影響を与えていたりする。

 

何をしても

していなくても

どっちにしろ最高。

 

存在しているだけでお役目完了。

それだけで意味がある。

 

故に意味のない人生など存在しない。

つまらない人生も存在しない。

 

あとは自己満足できるかどうか、だけの

それはとても個人的な話。

つまらない人生だと「感じる」のは趣味の問題。

 

とはいえ自分を押し殺したエセ・ポジティブ変換、いい人変換、現実無視の良かった探しは要らない。

人生がややこしくなるのはこれ!

これこそ一番に捨てるに限る。

ただただ直視。

 

 

実家の断捨離。

過去というお宝からの未来を示すヒント。

なかなか有意義な時間でした。

 

****   go with the flow   ****

辻 和美 ツジカズミ 

Facebook:  https://www.facebook.com/kazumi.tsuji.1000
Twitter:  https://twitter.com/kazumi10000

Facebookでのコメントは誰でもできます。打たれ弱いのでお手柔らかに♡

※シェア、フォローはご自由に。

***********************

 【いまだによく読まれています】

kazumi1000.hatenablog.com